ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/226-6bc8af80
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ドマシーと蔵屋美香

 ドマシーと蔵屋美香

 蔵屋美香のストーカーになったわけではないけれど、『わたしいまめまいしたわ』展(東京国立近代美術館)のカタログを見ていたら、また蔵屋美香の名前が出てきた。ロベール・ドマシーの写真《鏡の前のヌード》を使って、『わたしいまめまいしたわ』展の趣旨を説明している。
 写真は、輪郭をぼやかしたピクトリアリズムの、ごくありふれた写真だ。それを蔵屋美香は、鏡の反射と回文の屈折について蘊蓄を傾けたあと、仰々しくも以下のように述べる。

 「ところで、ふたつの自分を重ねるため、まるでドアを押して鏡の中に入っていこうとするかに見えるこの女性(括弧内省略)を、背後からじっと見ているのはだれだろう。写真家。写真をみるわたしたち。わたしたちは、背後からのぞきみることによって、鏡をはさんで作られたふたつの女性の内密な像を、社会的な関係の中に引き出すのだ。どころで女性は背後のわたしたちに気づいているのだろうか。気づいていながらそ知らぬふりで窃視者に全身をながめさせているのだろうか? それとも自分自身に夢中で、わたしたちのことなどまったく意識にのぼらないのだろうか?(蔵屋美香)」

 どうです、笑えましたか。笑えない、それは困りましたね。じつはこれは裸体写真なんです。たぶん芸術写真と称して紳士が引き出しの奥に隠していた写真ですね。モデルもそのつもりでポーズしてるでしょう。あなただって、「昔は、こんなんで興奮したのかな(^^;)」と思ったはずです。それがこの写真の正しい見方です。
 蔵屋美香氏はまだまだ松井みどり氏に及びませんね。しっかり研修してください。

 松井みどりに触れたその他の記事
2008.03.15[Sat] Post 22:32  CO:0  TB:0  美術展評  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

ドマシーと蔵屋美香 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/226-6bc8af80
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。