ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/224-f0e25603
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

岡崎乾二郎と川俣正

久しぶりに東京に出て展覧会を見てきた。面白い作品をたくさん見た。なかでも、いちばん印象に残ったのは岡崎乾二郎(国立近代美術館)と川俣正(東京都現代美術館)だった。川俣は立体と平面の関係を面白く見せてくれた。建築と立体作品の違いがわかった。
 それより感動的だったのは、岡崎の絵のつまらなさだ。会田誠の《浅田批判》は正しい。
 磯崎新と浅田彰は以前から怪しいと思っていたが、これで、かれらが芸術を理解していないことがハッキリした。『批評空間』はさっそく捨ててしまおう。

『あかさかみつけ』特集展示・岡崎乾二郎①

会田誠の『浅田批判』
2008.03.13[Thu] Post 16:16  CO:0  TB:0  美術展評  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

岡崎乾二郎と川俣正 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/224-f0e25603
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。