ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/208-aaaa2e5f
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

反捕鯨と人種差別(再)

捕鯨問題最新情報 というサイトに以下の記事があった。2000年7月18日づけの朝日新聞に以下のような記事が掲載されたというのだ。

 「科学的根拠が示すように、日本人とノルウェー人の人口が持続可能なレベルに達しているというなら、彼らの捕獲を始めるべきではないか」という投書が、IWC総会中、オーストラリアの有力紙投書欄に載ったというのである。

 これは私が「反捕鯨と人種差別」で触れたオーストラリア国営放送の人種差別的ジョークの原型なのだ。反捕鯨運動の背後に白人たちの人種差別意識があることに目を背けてはならない。現実を直視せよ。臆病になるな。
 
2008.02.12[Tue] Post 21:05  CO:0  TB:0  反捕鯨  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

反捕鯨と人種差別(再) のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/208-aaaa2e5f
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。