ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/191-3537213c
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

「神世界」の書

 霊感商法の神世界が、「力」と大書した紙入りのお守り袋を10万5000円で売っていたと世間は騒いでいる。写真で「力」という文字を見ると、こういうのは美術界ではヘタウマと言うのではないかと、おもわず笑ってしまった。霊験あらたかなんて言わずにアートだと言っておけば強制捜査なんかされなかったのに。ドジなこった。
 しかし、書をアートだというのはそろそろ終わりにしたらどうだ。NHKなどでは何年かおきにいま注目の新人とか称して若手の書家を紹介するが、たいていは太い筆を持って紙の上を走り回っているだけだ。
 書というのはどうもう霊感商法くさいくてやりきれない。相田みつを読めばたちどころに良い人になれそうだし、いま産経新聞に連載している「きょうの言葉」なんてやたら文字がかすれていて、すぐにでも教養が身に付きそうだ。そして究極の書と言えば、李禹煥の「余白の芸術」だろう。眺めているだけで悟りが得られる。
 李禹煥の記事へ 
2007.12.27[Thu] Post 01:09  CO:0  TB:0  美術展評  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

「神世界」の書 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/191-3537213c
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。