ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/182-e2573dd4
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『武士の一分』

『武士の一分』★★★

 山田洋次だから大丈夫だろうと思っていたが、いきなりキムタクのテレビドラマが始まったのには驚かされた。山田洋次も惚けたかと思ったが、これは、盲目になったときとの違いを際だたせるための演出と判るまでにだいぶ時間が掛かった。
 それにしても、食事のあとにお膳に手をついて(たしかそうしたと思う)ヒョイと両足でいっぺん立つのは如何なものか。剣の達人が正坐からキチッと立ち上がらないで、敵に襲われたときどうする。時代劇は時代劇の立ち振る舞いというものがあるだろう。過剰な演出というべきである。
 というわけで、どうしても『たそがれ清兵衛』と比較してしまう。結論をいえば、木村拓哉が真田に劣るのはしかたないにしろ、壇れいはとてもじゃないが宮沢りえにかなわない。もちろんシナリオのせいおあるのだが、宮沢りえの愛はまことに美しい愛だが、壇れいとキムタクの愛はテレビ的で、なによりも仕草の美しさに欠ける。映画として致命的な欠点である。
 といっても、キムタクが頑張っているのは間違いない。盲目になってからの立ち振る舞いは美しいとまでは言わないがそれなりにギャグの一歩手前で踏みとどまっている。特に剣術がよい。最近の中国製チャンバラに辟易していたので、一層楽しめた。黒川礼人の殺陣が素晴らしい。妻を離縁したあと、木刀を持って庭で素振りをするところは感動的ですらある。僕の大好きな復活復讐の物語である。CGではなくコマ落としの編集が昔の映画みたいで久しぶりに涙が出た。
 こう見えても、僕は東映映画のチャンバラで育った世代で、時代劇にはうるさいのだ。ちなみに私が最初に感動した映画は、小学生のときに見た『血槍冨士』で、片岡千恵蔵が槍を振り回して主人の仇を討つ場面だった。それまで、そんなチャンバラを見たことがなかった。槍が酒樽に刺さって、穴から酒が吹き出すしシーンは目に焼き付いている。ひとこと言わせてもらうと、木村が刀の手入れをするところは、まったくなっていない。木村は剣道をやっているそうだが、真剣を扱ったことがないのではないか。刀が真剣にみえないのは興ざめだ。
 シナリオの欠点を二つ。
 一つは果たし合いの場面で、中間の徳平が何もしないのはシナリオとしてどうだろう。果たし合いが始まる前に、躓かないように石ころを拾い、終わったあとに島田に羽織を掛けてやるのはいいとして、なんかちょっとした木村に悟られないような助太刀をしたかったような気がする。たとえば、島田が屋根に現れたとき、音で島田の居場所をしらせるとかしたほうが、観客は唐突な感じがしないで、よかったのではないか。それは、やってみなければわからないし、むしろ、そんな露骨なことをしなくても、二人の情愛がよくあらわれていたし、徳平の「トドメをなさいますか」の一言が効果的になったのかもしれない。まともな観客なら、島田が小屋の屋根に現れたとき、危ないぞと、はらはらどきどきするだろう。そして剣の達人にも悖る島田の卑怯なやり方に腹をたてるだろう。そこで、中間が助ければ、拍手喝采請け合いだ。映画は娯楽だぞ。そうしないで、木村があっけなく勝ちを収めれば、やっぱりなぁ、くだらないと、はらはらした自分に腹を立てて、これじゃ『座頭市』と同じジャン、そうならそうと、始めから、スーパーマンに描けよと、文句を言いたくなるなるだろう。そこが映画の難しいところだ。
 それに加えて、島田がぜんぜんかっこよくないことが、この映画の最大の欠点である。島田役は板東三津五郎なのだが、その立ち振る舞いはとても歌舞伎役者には見えない。第一太りすぎではないか。これでは『必殺仕置き人』に出てくる悪党の越後屋みたいだ。敵役が魅力的でなければ主役の木村の魅力も半減するというものだ。これも、『たそがれ清兵衛』の敵役田中泯の鍛えられた肉体には遠く及ばない。
 それともう一つ。最後の場面はちょっとメロドラマになって、よくない。名乗りあって抱き合うとは何事か。お涙頂戴のドラマでどうする。今、わざわざ時代劇映画を作る必要がなくなるではないか。宮沢りえと真田広之の愛情表現を少しは参考にしてほしい。
 まあ、こういったハンディがありながら、木村拓哉はよく頑張ったと褒めるのが妥当だろう。おまけで星三つ
[movie touchから転載]
2007.12.14[Fri] Post 19:00  CO:0  TB:0  映画  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

『武士の一分』 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/182-e2573dd4
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。