ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

こんばんは、前回島袋さんの記事に長いコメントをした『無名氏』です

まずは自分のコメントに対する丁寧な返事に感謝します

ありがとうございました

それから次に言わなくてはなりませんが、自分は光田由里のエッセイは読んだことはありませんし勿論本人でもありませんので了承ください笑

自分のコメントに感謝していただいたことが素直に嬉しい出来事でした
2007.10.16[Tue]  投稿者:『無名氏』  編集  Top▲

光田由里

 光田は圧倒的に勉強不足で、説得力ないですよ。特に芸術写真関係・・・。成金の資生堂の企業プロパガンダにもろに乗っかっていて、呼んでいて恥ずかしいです。

 福原信三なんて、ゴーストライターを使って、「エーテル体がどう」とかいう電波理論を書かせて下手な写真を撮ってただけのやつでしょう。まだ弟のほうがましですよ。

 「写真芸術」自体が、大阪に「芸術写真」がすでにあったんで苦肉の策でそんなタイトルにした同人誌でしょう。

 まぁ、一言でいえばお人よしのお馬鹿さんですね。
2008.06.14[Sat]  投稿者:写童  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/162-12aba09e
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

島袋道浩(2)


     島袋道浩「これまでの話2」 シュウゴアーツ

 これも古い話題です。長くならないように簡単にかきます。
 前回の島袋の記事に無名氏からコメントをいただいた。ずいぶんと丁寧なコメントだったが、ちゃんとした返事は書かなかった。「アートとは何か」の問題が提起されていたからだ。無名氏がいうには、マイクロ・ポップ展での島袋の展示は、拾った絵や障害者の写真が作品本体ではなく、「お話」が作品だということだった。そして美術を美術の文脈からしか見ないのはダメだということが主旨だったようなきがするが、これは以前からある論争で、あいにくわたしは無名氏のいうとおり古くさい美術観の持ち主で、芸術作品は物質からできていると思っている。
 そんなこんなで、清澄白河でまた偶然に島袋道浩展を見た。無名氏のコメントのことがあったので、いやがるニョウボを説得して、私としては結構ゆっくりと見てまわった。繰り返すが、理屈を聞いて初めてわかる芸術は芸術ではないと思っているので、普段はあまりキャプションを読まない。しかし、今回は読んで見た。もちろん作品を見た後に読んだ。たしかに面白いアイディア(無名氏のいう『お話』か?)がいくつかあったので、その展示を見直したが、キャプションを読むまえと同じように、やっぱりつまらなかった。
 帰ってからシュウゴアーツのHPを見ると、美術館員という肩書きの光田由里の「島袋道浩 言葉でもって立ち上げること」というエッセイがあった。美術評論というより、本人がいうように感想文なのだが、学芸員にありがちな難解さもなく、好感が持てる文章で、島袋は、マイクロ・ポップ展で感じたような政治的な人間ではなく、純真な心をもつ童話的な人間であることがよくわかる感想文になっている。
 わたしの島袋の記事にコメントをくれた無名氏はこの光田のエッセイを読んでいるのかもしれない(あるいは無名氏は光田本人かもしれない)。光田の感想文によれば、島袋は冒険と美術は似ており、植村直己は芸術家だと言っている。しかし、美術家は、もはや未踏峰がなくなった登山家のようなもので、実験はすべてやり尽くされ、制作すべきものは何も残っていないが、島袋は未踏峰ではなく、旅やもっと日常的な出来事のなかに冒険を求めているというのだ。
 ということは、島袋の「冒険」はハプニングとかパフォーマンスの類で、その記録ビデオや記念品が展示してあるのだ。しかし、この記念品を見ていったい私にどうしろというのだ。たとえば、堀江謙一の太平洋単独横断は芸術だというレトリックは理解できる。でもあくまでもレトリックだ。作品はない。航海日誌をもとにした「太平洋ひとりぼっち」を読んだがつまらなかった。マーメイド号を見に行ったが、「へー、こんなちっぽけなヨットで、ひとりで太平洋を横断したのか、すごいなぁー」と平凡な感想を持っただけで、とくに芸術的な感動をうけたわけではない。
 そこで、島袋は植村直己や堀江謙一のような大冒険ではなく、「日常生活の冒険」をする。うまくいけば、反冒険的パフォーマンスができるかもしれない。しかし、いまのところ展示されているものはつまらない記録や記念品だ。たとえば、《空が海だったとき》は、童話のように美しい言葉だ。でも、凧をあげる記録ビデオまったく間抜けなつまらない家庭ビデオだ。だからといって、この退屈さはアンディ・ウォーホルの退屈さになるわけではない。
 あるいは、観光地の猿と人間が餌ではなく、絵でコミュニケーションをしてみるというアイディアは確かに面白い。しかし、実際にやって見た結果が、どうなったのかわからない。写真も拡大して壁に貼ってあるのだが、猿がどう反応したかは正確にはわからない。曖昧にしておけば芸術になるのか。思いつきの行為は芸術なんぞではなく、だたの自己満足だろう。ケーラーの「類人猿の知恵試験」では道具の使い方があるだけで、絵画や鏡を理解するかどうかの実験はなかったとおもうが、いずれにしろ、島袋の実験は「類人猿の知恵試験」ではなく、「島袋の知恵試験」になっている。ギャラリーの床には、島袋が実験に使った道具類が散らばっているが、いったいこれは記録なのか記念なのかわからない。また、それが床にオマジナイのようにならべられているけれど、インスタレーションなのだろうか。たぶん観者を猿の立場におこうとしているのかもしれない。これもキャプションを読んで推測するだけで、見ることの快楽がどこにもないのだ。
 ここまで書いていて、何故、島袋道浩がつまらないのか、似たようなことをしている田中功起と比較して分かってきた。田中功起の面白さについてはすでにブログに書いた。そして、つまらない島袋については、無名氏は次のようにいう

「『一般人』から見て、彼の作品はとても分かり易いと思います。
 美術をみるためのルールは必要ないからです。」

 この言葉を読み直して、突然、島袋を理解した。島袋はテレビのバラエティ番組なのだ。「猿岩石のイギリスまでヒッチハイクで行く」や「ファミレスのメニューを全部たべる」、「田舎に泊まろう」などの企画をちょっとアートっぽくしたのだ。「かって海だった空に魚の凧をあげる」、「隅田川をカヌーで渡ってアサヒビールをもらいに行く」、「片方の眉を剃ってヨーロッパ鉄道で旅をする」などなど、たしかにわかりやすい。そのまま「すすめ電波少年」で使えそうなアイディアだ。
 バラエティ番組と島袋道浩の「お話」に差はない。ただ、島袋は自分が芸術家だというから芸術家なのだ。そして松井みどりが「島袋道浩は、シチュエーショニスト風のパブリック・スペースへの介入と、ランドアートのサイトスペシフィック性を受け 継ぎながら、それに軽やかに遊戯性を加えて発展させている。」(「マイクロポップの時代」P88)といえば、島袋は芸術になる。だからバラエティ番組だって、自分で芸術だと言えば芸術になるのだ。あるいはだれか美術評論家が猿岩石はポストモダンであるといえば猿岩石はめでたくポストモダン芸術になる。理屈はあとからどうにでもなる。ヤラセは冒険の記号であり、若者たちは植村直己のモダンで鈍重な冒険ではなく、シミュレーショニズムとしての軽やかなる猿岩石の冒険と戯れたのだ。
 おそらくわたしは無名氏および光田由里さんに感謝しなければならない。これは皮肉ではない。こんなわかりやすい評論を読んだことがない。だんだんとアートのことがわかってきたような気がする。美術をみるためにルールは必要ないけれど、どうやら屁理屈は必要なようだ。

   島袋道浩(1)へ戻る
2007.10.07[Sun] Post 02:50  CO:2  TB:0  -島袋道浩  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

こんばんは、前回島袋さんの記事に長いコメントをした『無名氏』です

まずは自分のコメントに対する丁寧な返事に感謝します

ありがとうございました

それから次に言わなくてはなりませんが、自分は光田由里のエッセイは読んだことはありませんし勿論本人でもありませんので了承ください笑

自分のコメントに感謝していただいたことが素直に嬉しい出来事でした
2007.10.16[Tue]  投稿者:『無名氏』  編集  Top▲

光田由里

 光田は圧倒的に勉強不足で、説得力ないですよ。特に芸術写真関係・・・。成金の資生堂の企業プロパガンダにもろに乗っかっていて、呼んでいて恥ずかしいです。

 福原信三なんて、ゴーストライターを使って、「エーテル体がどう」とかいう電波理論を書かせて下手な写真を撮ってただけのやつでしょう。まだ弟のほうがましですよ。

 「写真芸術」自体が、大阪に「芸術写真」がすでにあったんで苦肉の策でそんなタイトルにした同人誌でしょう。

 まぁ、一言でいえばお人よしのお馬鹿さんですね。
2008.06.14[Sat]  投稿者:写童  編集  Top▲

TRACKBACK

島袋道浩(2) のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/162-12aba09e
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。