ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/159-e76e4b6c
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

森山大道


     森山大道「ハワイ」  タカ・イシイギャラリー

 このところ、展覧会にもギャラリーにも行っていない。それなのに、書いておかなければと思う評論というか感想というか、ごちゃごちゃした雑念が頭の中にたまっている。
 とにかく、メモを書いておく。
 はじめは森山大道。ちかごろ「清澄白河」のギャラリーの展覧会が目につくので、なにをやっているのか知らないまま、ともかく行ってみた。それで、偶然に森山大道の『ハワイ』をみた。昔と何も変わっていない。例のアレ・ブレ・ボケで、バーニングもドッジングもやり放題の森山節(ぶし)だ。新宿のかわりにハワイを撮ったというだけで、どちらがどちらか区別がつかない。むかし、森山はパリを撮ろうとして、かなわぬ事があったそうだが、ハワイは森山の感性手法にぴったりだったのだろう。というよりハワイを強引に新宿にしちゃったのだ。こうなれば森山大道の撮ったパリを見てみたくなる。もう一度パリに挑戦してほしいものだ。
 久しぶりに森山を見て感じることは、やっぱりこれはピクトリアリズムだということだ。昔のピクトリアリズムは、雑巾がけと称して、プリントを布で擦ったりして、もともと絵画的な風景写真をさら絵画的な雰囲気にしていた。森山のプリントは、粒子が荒い、ぶれている、軟調硬調が極端だ、ボケてるなど、写真の写真たる点を誇張することで、都会の猥雑な被写体に美的な雰囲気を与えている。批評性やフォーマリズムなところはない。
 ゲルハルト・リヒターの作品に《Onkel Rudi》という作品がある。キャプションを見れば油彩画である。しかし、見ることにおいては、たしかに写真である。リヒターの叔父さんはナチのロングコートを着ている。もとの写真がブレていたわけではないだろう。しかし、この油彩の「写真」はブレている。ブレていない写真をもとに、ブレたような絵をかいた。よく見れば写真のブレとは微妙に違っている。まるで記憶を消したいかのように擦れている。写真の肖像と記憶の肖像、そして民族の記憶と家族の記憶が入り交じっている。イリュージョンの奥底から確たるリアリティが現れ出てくる。ここにあるのは物語や感情や政治的主張ではなく、紛れもなく写真そのものだ。リアルな写真の真実がある。
 それに比べ、森山の写真には批評性が欠けている。その反写真的身振りは結局のところピクトリアリズムに収まってしまう。
 写真は芸術だろうか。どんな傑作と言われる写真でも長く見ることはできない。写真は被写体を再現するだけで、決して自己自身に言及することがない。見ていてすぐに飽きてしまう。
 近頃の企画展では、絵画に混じって写真が展示されていることが多いが、どうも私には違和感がある。日本の近代絵画の回顧展で抽象画の間に突然杉本博司の《海景》が展示してあったのには驚いた。確かに《海景》は真ん中に水平線があって、空と海の明暗に分割され、ミニマリズムの絵のように見える。しかし、絵を見るときと写真を見るときでは、視線がまったく別なのだ。絵を見ていて、突然写真が目の前に出されると、わたしの視線は困惑する。しばらく我慢して杉本の《海景》を見つめたが、どうしても落ち着かない。何を見ていいのか判らない。
 それはたぶん写真では、あの「絵画の三層構造」があまりに密着しており、視線がストレートに被写体(指示対象)に向かうからからだろう。もちろん、それぞれの層に注意を向けることもできるのだが、といって、それぞれの層が対立して弁証法的な緊張が生まれるわけではない。この写真特有の退屈さは写真展では気づかない。写真展では被写体の面白さに気をとられているからだろう。だから、芸術としての写真が死ぬほど退屈なのは被写体がつまらないからだ。どっちにしてもすぐ飽きる。見続けることができるのは恋人の写真ぐらいだろう。
 それなのに、なぜ森山大道はこれほどもてはやされるのか。さいわいというか、最近青弓社から『森山大道とその時代』というこれまで書かれた森山大道論を集めた評論集がでた。これを読んでも、森山大道の面白さ(あるいはつまらなさ)がわかるかどうか私には判らないが、なぜ評論家たち(草森紳一から清水穣まで)がこれほどながいあいだ(1968~2006)森山大道を論じ続けてきたのか、その魅力のいったんを推察することぐらいはできるだろう。450ページもある書物なのでいつ読み終えるかわからないけれど、何か面白いことがあったら報告します。(ご存じの通り写真論は絵画論の数倍難解だから約束が果たせるかどうか分からない。たぶん途中で挫折すると思う。)
PS:それから絵画の三層構造については、例によって、私のHP『絵画の現象学』参照。そのうち改訂するつもりです。
2007.09.27[Thu] Post 02:10  CO:0  TB:0  美術展評  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

森山大道 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/159-e76e4b6c
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。