ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/128-09c7d390
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

山口藍

山口藍「山、はるる」(ミズマアートギャラリー)


 化粧品会社のパッケージのデザインに採用されたというのだから上品な絵ということなのだろう。たしかに可愛くてきれいな絵だが、僕はどうもこの手のロリコンの絵が苦手だ。胸も尻もぺちゃんこで手足は細くて目がおおきい。PARCOのタカノ綾展もこんな風な絵だったが、口唇性技やソープランド、それに渋谷のセンター街などがあって、いちおうはポップな現代風俗画になっていたが、山口藍の絵は、江戸時代の茶屋を舞台にした、ちょっと、山口晃に似たジャポニスムのイラストだ。扇子にプリントすれば浅草の仲見世で売れるだろう。
 しかし、日本髪を結った裸の遊女たちは、あまりに幼くて、ロリコンというよりも、幼児性愛のような気もするが、アメリカでは法律に違反しないのだろか。そんなふうに考えるのは僕が邪な考えを持っているからかもしれない。何しろ、僕はルノアールの少女にさえロリコン趣味を感じて好きになれないくらいだから、大人の日本髪を結った裸の幼女にはなおさら性的倒錯を感じる。タカノ綾とちがって表向きは無邪気な子供なので、そういう趣味の人に好まれるのかもしれない。
 ともかく、この絵がきれいで可愛いと思う人が壁にかけるのはいっこうにかまわない。悪趣味だとは思うけれど。


にほんブログ村 美術ブログへ
2007.04.17[Tue] Post 13:43  CO:0  TB:0  美術展評  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

山口藍 のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/128-09c7d390
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。