ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/126-a2a16d0d
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Alfred Wallis

   「アルフレッド・ウォリス展」(東京都庭園美術館)
 去年、世田谷美術館で開催された『ルソーの見た夢、ルソーに見る夢』展で、世田谷美術館が所蔵している素朴派の作品を見た。アンドレ・ボーシャン、カミーユ・ボンボワ、ルイ・ヴィヴァンなど沢山展示されていたが、どれもつまらなかった。ルソーの作品もすべてが良かったわけではなく、《工場のある町》など丁寧に自信をもって描いた絵は素晴らしいのだが、晩年の雑に描かれた絵はまさに素朴派の絵そのもので、まったく別の絵になっていた。
 そんなわけで、ウォリス展はあまり気乗りがしなかったのだが、チラシの写真が美しいので、だまされたと思って行ってみた。第一室に入ると、くすんだ色の絵が目に入る。小さな絵なのだが、なんと言ってもこのくすんだ色が美しい。ボール紙に船舶用のペンキで描いたというのだが、どうやってこの色を出したのだろう。塗り残しがあったり、薄塗りがあったり、塗りムラがあったりして、透けて見えるボール紙のオレンジ色が実に美しい。しかも、船体や屋根、それに樹木や石の黒が巧みに配置され、画面を引き締めている。おそらく、ニコルソンとウッドの二人の画家がウォリスの絵に目をとめたのは、この配色の美しさのためだったのだろう。
 いわゆる素朴派あるいはアウトサイダーの絵は、たいていはつまらない。最初見るとおもしろいのだが、見ているうちにたいてはつまらなくなる。ところがウォリスの絵は見ていてあきない。もちろん小学生のお絵かきのようなものもある。そこのところは微妙だが、たぶん、ウォリスは色の配分のセンスが良かったのだが、遠近法を知的に処理する能力に欠けていたのだろう。その遠近法のゆがみが配色の巧みさとうまい具合に調和したとき、予期しない効果が生まれたのだ。だから、失敗すれば当然小学生の絵のようになってしまう。
 それにしても、ウォリスを発見したニコルソンとウッドが、ウォリスの影響を受けて素朴派風に描いた絵が面白くないのは、色彩はもちろんだが、遠近法の歪みがどうしてもだらけて緊張感がないからだ。この遠近法の歪みというのは、素朴派の絵にとって重要なことで、たとえば、ルソーの遠近法の稚拙さが、空間の奥行きや広がりを見事に表現していることでも良くわかる。
  素朴派の絵をどう評価するかは、原美術館の『ヘンリー・ダーガー』展を見てからもう一度考えることにしたい。
にほんブログ村 美術ブログへ
2007.04.21[Sat] Post 16:28  CO:0  TB:0  -Alfred Wallis  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

Alfred Wallis のトラックバックアドレス
http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/tb.php/126-a2a16d0d
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。