ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

マネ論③ ミシェル・フーコーの『マネの絵画』

《フォリー・ベルジェールのバー》の後姿のメイドは鏡像なのか、それとも別のメイドなのか、絵を見ただけでは判らない。しかし、美術史家には鏡像だと言うことが当たり前のようになっている。何年か前に『コートールド・コレクション展』でこの絵を見たときは、後姿のメイドが鏡像なのか、絵画なのか、それとも別人のメイドなのか判らない曖昧な感覚だけが残ったことを憶えている。もう一度、『芸術新潮5月号』の写真を見ながら分析してみよう。

まず、鏡を括弧に入れて、絵を見てみよう。後姿のメイドは、正面のメイドの後姿のようにように見える。それというのも、視線の角度が違うけれど、髪や衣服が同じだから、同じ人物の正面姿と後姿に見える。そうなれば、後姿は鏡像ということになる。しかし、どこにも鏡らしきものはない。しかも、メイドの後姿以外は実像と鏡像(虚像)の対応関係を示す事物は描かれていない。それでもメイドの後姿が鏡像にみえるのは、類似が同一性の感覚を生むからだ。

このことは、マグリットの《複製禁止》という作品を見れば分かる。《複製禁止》は鏡を見ている男の後姿が描かれている。ところが、鏡に写っている男も後姿なのだ。ということは、男が見ているのは鏡ではなく男の絵(写真)ということになる。それでも鏡に見えるのは、同じ図像がコッピーされているからだ。でも、すぐにおかしいと気づく。鏡の光学に反しているからだ。暖炉の上に置いてある本が「鏡」に映っているように見えるが、これはもちろん鏡ではなく絵だ。ただ、鏡像のように、本の反転した図が描かれているだけだ。(注1)

《複製禁止》の額縁にはめられた後姿の男は、光学理論から見て鏡(像)ではなく、絵(写真)である。それに対して、《フォリー・ベルジェールのバー》の、一見して、鏡像のように見える後姿のメイドはどうだろう。どこかチグハグな感じがする。さいしょに違和感を感じるのは、メイドが話している男の位置だ。後姿のメイドが正面姿のメイドの鏡像ならば、その近くに立ってメイドに話しかけている男の後姿の実像が、描かれていなければならないのに、そこには誰もいない。

もちろん、後姿のメイドが鏡像だとすれば、二人のメイドの間に斜めに鏡があるはずだが、鏡らしきものはない。それならば、マグリットの《複製禁止》のように後姿のメイドは鏡像ではなく図像(絵)ということになる。しかし、無理やり、メイドの背後に見える桟敷席は大きな鏡に映っているのだと思えば、そういう風に見えなくもない。観者の視線は宙に浮いたまま漂っている。

ミシェル・フーコーが『マネの絵画』で《フォリー・ベルジェールのバー》を「鑑賞者の位置」という視点から分析している。彼はメイドの背後に鏡があるという前提から始める。フーコーはメイドの尻の高さに描かれている金色の帯が鏡の縁だという。鏡はメイドの背後のほとんどを占めており、しかも、キャンバス面と平行で、観者は中央のメイドの正面に立ったいる。

そうであるならば、メイドの後姿は、メイドの後ろに映ってみえるはずなのに、実際にはずっと右側にずれて映っている。しかも、酒瓶や果物の実像と鏡像の対応関係がないので、それがすぐには鏡像だとは判らない。後姿が右のほうに見えるためには、画家の視点は正面ではなく、右の方にズレていなければならないとフーコーは言う。しかし、画家(鑑賞者)の視線はそこにはない。

また、画家の視点を移動させないで右のほうに鏡像が見えるためには、鏡を斜めにすればよいのだが、鏡はカウンターと平行である。したがって、鏡像のメイドにが捩れていることになる。また、鏡に映っている男はメイドのすぐ近くにいるのだから、実像の男が正面のメイドの前に描かれていなければならないが、男はそこにいない。また、鏡に映っている男はメイドを見下ろしているけれど、正面のメイドを見る視線は見下ろしてはいない等々。

フーコーは鏡の光学と遠近法の視点に基づいて「鑑賞者の位置」を分析する。そして以下の三つの両立不可能性を見つける。

【1】画家はここにいると同時にあちらにいなければならない。
【2】ここに誰かがおり、まただれもいないのでなければならない。
【3】見下ろす視線と見上げる視線がある。
われわれが今見ているような光景をみるためにどこにいればよいのか知ることができない、というわれわれが直面している三重の不可能性、そしていうなれば、鑑賞者が占めるべき安定した確固たる場所が排除されていること。もちろんそれが、この絵の根本的な特徴のひとつなのです。(『マネの絵画』阿部崇訳)


マネの《フォリー・ベルジェールのバー》によって、ひとつの視点から見る遠近法的な空間のイリュージョンが破綻し、〈オブジェとしてのタブロー〉、〈オブジェとしての絵画〉が発見されたと、フーコーは言う。結局、フーコーはマネをグリーンバーグ流のモダニズムの始まりだと言っていることになる。

フーコーは鏡を前提にして、《フォリー・ベルジェールのバー》の視線や空間を分析する。そして、〈オブジェとしての絵画〉を発見する。もういちど作品を見ることから初めて見よう。

つづく









複製禁止 マグリット
スポンサーサイト
2010.06.29[Tue] Post 01:09  CO:0  TB:0  -マネ  Top▲

楠見清の『誤読』

昨日から突然アクセスが増えた。こんなに増えたのは「和田事件」以来である。参照元を見ると首都大学の学生が『ドブス写真集完成までの道程』というビデオ作品をYoutubeにアップしたことで2ちゃんねるが炎上したらしい。その学生たちを煽ったのが准教授の楠見清だと批判されている。

それで、たまたま私が書いた古い楠見清批判の記事がGoogle検索の上位にあったのでアクセスが増えた。こんな騒ぎに興味はないけれど、楠見氏のTwitterの自己紹介に「学生映像作品を批評したツイートが一部誤読を招いてしまったことを受け、暫時ツイートを控えます。」と書いてあるのには笑ってしまった。誤読だとか誤記だとか誤配だとか、相変わらずのポストモダンのトンデモらしい。ご活躍をお祈りいたします。

そういえば、和田義彦さんはどうしているだろう。そのうちググッてみます。
2010.06.19[Sat] Post 14:13  CO:3  TB:0  -楠見清  Top▲

マネ論② NHK日曜美術館 『マネは見た 都市生活者の秘密』 

最近、日曜美術館をときどき見ている。ネタの宝庫だからだ。

今週の特集はマネだというので、ちょっと覗いてみた。というのも、『マネとモダン・パリ』(三菱一号館美術館)を見て、マネがちっとも面白くなかったからだ。

「芸術新潮5月号『マネ特集号』」の記事で約束したように「素直にマネを見た」。確かに、その大胆な筆触による繊細でモデリングのない平面的な描写は、当時のアカデミーと比べれば、一種の「アヴァンギャルド」だと言えなくはないのだろうが、今から見れば私にはごく普通の具象画にしか見えない。

《草上の昼食》や《オランピア》のヌードも当時としてはスキャンダラスだったろうが、今では普通の裸体画である。番組の出演者三浦篤はパリという都会生活の背景を強調するが、「都会」とは写真の図像学によって繰り返し論じられたキーワードであり、事実マネの絵画について論じたものは、ほとんどが写真の図像学(表象文化論)と重なっている。服を着た男と裸の女を絡ませるヌード写真はだれもが飽き飽きしている。

番組の後半に《フォリー・ベルジェールのバー》の有名なバーメイドと鏡像のズレの分析があり、フランス人の画家が、マネが絵を描いているときの視線と、休憩中にモデルと談笑しているときの視線がひとつになっていると解説していた。多視点の絵画といえばセザンヌだが、彼の静物画は、多視点が空間の歪みを生み、図像客体の知覚と図像主題の想像が弁証法的戯れとなって、絵画的イリュージョンを豊かにしている。

そういう意味では《フォリー・ベルジェールのバー》はセザンヌのような多視点ではないし、空間の歪みもない。それは一つ視点が鏡によって擬似的に二つの視点に分離したように見えるだけで、鏡は視点そのものを二重化することはない。鏡はリアルな空間にヴァーチャルな虚の空間をはめ込むだけなのだ。

そもそもこの絵の中には鏡は描かれていない。鏡の縁はない。それなのに何故バーメイドの背後に鏡があるとおもうのだろう。もちろんバー・カウンターの背後に鏡があるのがキャバレーのインテリアということもあるけれど、それより大抵の日本人は解説書を読んで、この奇妙なマネの「傑作」の秘密を知ったのだ。しかし、なんの知識もなく、この絵を見たら、こちらを見ているバーメイドの後ろ姿が鏡に写っているようには見えない。カウンターの中に別のお仕着せを着たバーメイドが背中を見せて客と話しているようにも見える。もしこれが鏡像なら、バーメイドとバーメイドの間に鏡が斜めに置かれていなければならないが、そんな斜めの鏡はないし、斜めでなくても、そもそも何処にも鏡は見えないのだ。

いずれにしろ、鏡は後ろの壁に大理石のカウンターに平行にかつ垂直に設置されているということなのだが、鏡の縁は見えないし、鏡のこちら側にあるものが鏡の向こう側にあるものと鏡像の関係にあるようにも見えない。メイドの背後の見える光景が鏡に写った鏡像だと言われなければ、ただちょっと遠近法(例えば後ろ姿のメイドと男の距離など)がチグハグな感じのする絵というだけではないのか。

絵画としてはひとまずこれ以上付け加えることはない。それにしても依然としてマネの奇妙さは残る。なぜこれほどまでに批評家や美術史家はマネに関心を持つのか。次回は、彼らがいったい何を論じているのか考えてみたい。

つづく 



2010.06.15[Tue] Post 21:36  CO:0  TB:0  -マネ  Top▲

『日本の美術運動』板橋区立美術館

美術運動と言うよりも政治運動と言った方がよい。ダダやモダニズムが社会運動文学運動として展開されてしまったところに日本の美術の不幸があったのではないか。この展覧会を記念して椹木野衣が「日本の美術運動にとって『外圧』とは何か」と言うタイトルで講演したそうだが、企画した学芸員の慧眼には脱帽。

全体的に展示作品が暗く、どこかで見たような作品が多い中で、目を惹いたのは長谷川利行、麻生三郎、松本竣介など、洲之内徹が好きな画家の作品だった。洲之内はたしか戦前は社会主義運動に参加していたはずだが、そういうこともあって、プロレタリア美術などには屈折した気持ちがあったのだろう、この展覧会を見ると、なぜ洲之内が松本の《立てる像》を評価しなかったのか分かるような気がする。

偶然にも、東京オペラシティの抽象画の所蔵展『ジオメトリック・イメージズ』につづいて、板橋区立美術館の館蔵展『日本の美術運動』を見たのだが、去年ごろは、PCだとかジェンダーだとか身体だとかの企画展ばかりでいささか食傷気味だったけれど、この二つの展覧会は地味だけれど、絵画というものを考えなす機会を与えてくれたすぐれた企画であった。

『ジオメトリック・イメージズ』は7月4日まで、『日本の美術運動』は6月27日まで開催している。暇があったらぜひ見てください。

そのあと、オルセー美術館展に行って、順番に従って見ていき、セザンヌの部屋に来たら、じっくりと《サント=ヴィクトワール山》と《台所のテーブル》を見て、そのあと振り返ってください。そこにピカソの《大きな静物》があります。たぶんショックを受けるでしょう。うけなかったら、もういちど初めから繰り返してください。ダメだったらもう一度、三度四度繰り返してだめだった諦めてください。あなたには絵はわかりません。ほかの趣味をさがしてください。

くれぐれも解説書を読まないように。絵画の三層構造に少しだけ注意をむけること。物理的図像と図像客体と図像主題の三層の戯れが現出します。(注)

注:図像の三層構造については『絵画の現象学』を参照

2010.06.13[Sun] Post 01:57  CO:0  TB:0  美術展評  Top▲

『会田誠「絵バカ」』展(ミヅマアートギャラリー)

ちょっと、がっかりした。

《万札地肥瘠相見図》は上野の森美術館の『アートで候。会田誠 山口晃展』でみた。新たに描き加えられたらしいが、何の絵なのか相変わらずよく判らない。

《灰色の山》は遠くから見れば墨絵風に見える。近づけばサラリーマンの死骸の山なのだが、《ジューサーミキサー》ほどの驚きはない。たしかにこれだけ膨大な数の死骸の山を描く技術と忍耐には驚嘆するが、部分的に見れば、このぐらいの技巧を持つ漫画家はたくさん他にもいるだろう。

《1+1=2》は四半世紀ぶりの本格的な油絵だということだが、まったく凡庸な作品と言わざるをえない。産経新聞の写真では「1+1=2」の文字がはっきりと見えたのだが、狭いギャラリーでは、そのつもりで見ないと数字は見えて来ない。アクション・ペインティング風な処もあるし、造形的な抽象の気もするし、あるいは表現主義かなと思うけれど、ともかく中途半端であり、わたしにはよくわからない抽象画だった。辰野登恵子の言っていた空間のイリュージョンも弱いように思える。

《よかまん》は、踊っている女性の胸が貧相なのはいいとして、腹筋がないぺちゃんこのお腹はちょっと目を背けたくなる。陰毛を隠したり見せたりするヘタな踊りは、むかし倉敷の見世物小屋で見たストリップ嬢の踊りをおもいだす。かどわかされた女がいやいやおどっているようだ。いっそのこと、「おま*こ、お*んこ」と叫んで東大教授になった上野千鶴子に踊ってもらったら良かったのに。
2010.06.07[Mon] Post 22:56  CO:0  TB:0  -会田誠  Top▲

国谷裕子の涙 中島潔の身の上話

クローズアップ現代で、清水寺の襖絵を完成させた中島潔に国谷裕子がインタービューをしていた。中島という名前は覚えていないが、たしか八重洲口の「ブックセンター」かどこか本屋で展示即売会をやっていた画家ではないかと、ぼんやりとインタービューを見ていたら、国谷裕子が目をうるませ泣き始めたのにはタマげた。どうも中島の身の上話に感動して泣いているらしい。

日曜美術館で何でもかんでも『悩む力』にしてしまうカンサンジュンさんもどうかと思うが、国谷さんもインタービュアーとして失格だろう。かって堂々と天安門広場の虐殺はなかったと言った国谷さんも、今回訪日した温家宝首相のインタービューでは、緊張し感動している様子がありありで、なんやら異様な雰囲気が漂っていた。

それはともかく、NHKは一体芸術をどこまで貶めれば気がすむのだ。
2010.06.07[Mon] Post 15:41  CO:0  TB:0  -中島潔  Top▲

会田誠に胡錦濤からお花

お花かどうかわからない。ミヅマアートギャラリーに行ってきた。例の「よかまん」のビデオを見ていて、ひょいと横を見たら、受付のカウンターの後ろの床に「会田誠老なんとか 胡錦濤なんとか」と書いた板が立てかけてあった。なんと書いてあったのか名前以外は憶えていないのだが、花を寄贈するときの献辞のようだった。

このことで思い出すのは、三越の『絹谷幸二展』で渡部恒三と安倍晋三から花が贈られていたことだ。これはミヅマアートギャラリーの政治力を示しているというよりも、たぶん会田誠が中国の工作のターゲットになっているということだろう。と、ここまで書いて、ちょっと大げさと反省し、そういえば《灰色の山》は中国で描いたとあったので、試しに「会田誠 中国」と検索してみたら、このブログ「週刊中国的生活」にヒットした。

北京の草場地芸術区の中にある三潴(みずま)画廊で、 去年の夏に『会田誠展 北京で大きな絵を描いています。』が開催され、そこに「会田誠老師江 胡錦濤国家主席より」の花が飾られていたそうだ。貼付されている写真につけられたキャプションを引用。

会場入り口に飾られていた花。
会場内にはこれを練習したらしき段ボールの切れ端が落ちていた。
これを指摘する無粋な人はここに来ないから大丈夫か。


まさか、国家主席の名前をかたるはずもないから本物だろうが、それをミズマが日本に持ち帰ったけれど、まさか、日本で花を買って札といっしょに飾るほどの図々しさもなく、さりげなくカウンターの後ろに置いておいたのだろう。それに私が引っかかったというわけだ。

でも、中国が平山邦夫のあとがまとして会田誠を工作の対象にしている可能性はある。好漢会田誠、北京の美少女には気をつけましょう。もう遅かったかな(w)

作品の批評は静岡に帰ってから。

会田誠『絵バカ』
2010.06.05[Sat] Post 01:21  CO:0  TB:0  -会田誠  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。