ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

市原研太郎の『ゲルハルト・リヒター論』

市原研太郎の『ゲルハルト・リヒター/光と仮象の絵画』の第一章《ゲルハルト・リヒターの過去、未来、そして現在》はリヒターの作品全般を「過去、未来、現在」の視点から論じる試みだ。(注1)

まず、タイトルを見れば絵画の時間構造(注2)について述べているようにも思えるのだが、どうもそうではないらしい。作品図版も見たけれど、言っていることが分からない。いろいろ芸術論や美術史や哲学の知識が詰め込まれているのだが、そのつながりが分かりにくい。これもポストモダンの美術評論というものなのだろう。松井みどり()の「パリ・コレの前口上」風とも浅田彰()の「腰帯文学」風とも違って、一番ポストモダン風鍵語が多い気がする。

と言う訳で、一つポストモダン風レトリックの間違いを指摘しておく。ご存じのようにリヒターにはボケた絵画がある。例としてボケた《Horst and His Dog》の図版が載っている。ふつうはこの絵を見ればボケた写真を模写したか、ボケた写真のように描いた絵だと思うだろう。しかし、写真のボケと絵画のボケは違うと市原研太郎は言う。本当か。ボケ・ブレだろうがボケ・ブレでなかろうが写真と絵画は図像としての差はない。写真の機械的な制作過程は、証拠能力を保証するが、図像としての写真に何の特権も与えない。

市原研太郎の説明を要約すると、ボケた写真の「被写体」(指示対象)はボケていないが、ボケた絵画の「図像主題」はボケているというのだ。無理やり要約するとそうなるけれど、此処にはいくつかのごまかしがある。ボケているのは写真も絵画も「図像客体」だ。しかし、その図像客体に基づいて想像されしている「図像主題」は両方ともボケてはいない。被写体は指示対象であり、図像主題と区別しなければならない。ベーコンの半透明の人物も同じ事が言える。市原研太郎は巧みに被写体という言葉を避けている。

詳しくは『写真はインデックス記号か?』(注2)に譲るとして、もう一度ボケた絵画について確認しておく。絵を理解するには絵を見ることから始めなければならない。モデルから始めるバカはいない。写真も同じことだ。被写体から始めはしない。《Horst and His Dog》をもう一度見てみよう。この絵を見て、ホルスト氏(図像主題)が擦れたようなボケた人物だと思う人は誰もいない。ボケて見えるのは図像客体だ。これはマチスの素描の女が怪物に見えないのと同じことだ。私の絵画論の原点である「モノクロ写真の人物は灰色には見えない」(注3)を思い出して欲しい。図像としては写真と絵画を区別する理由はない。まさにこのことをリヒターは絵画によって示したのだ。

写真はイコン記号でもあり、インデックス記号でもある。前者は絵を見ることであり、図像意識の志向性の問題である。後者は物理的プロセスのことであり、写真が証拠になる根拠だ。ロザリンド・クラウスもそうなのだが、市原研太郎は志向性と物理的プロセスを(たぶん意図的に)混同して、ポストモダンな修辞で読者をケムにまく。

実例を示そうと思ったけれど、あまりの混乱にあきらめて、前後脈絡を無視して「さわり」の部分を抜き書きする。

リヒターは、・・・・・画像を客観的現実にも主観的意識にも帰属させず、その間に見事に宙吊りにするのです。

市原研太郎は意識が「志向性」であることを知らない筈がない。「画像」とは図像の三層構造のどれを示しているのか。かってサルトルがベルグソンのイマージュを物質と意識の混じったものだと批判したが、市原研太郎の「画像」も同じように客観的現実と主観的意識の中間に「宙吊り」になって「浮遊」している。それは間違いだ。正しくは、知覚している図像客体を「中和変容」して、意識は図像主題の想像へと超越しているのだ。

意識は志向性であり、箱のような入れものではない。志向的対象が宙吊りになったり浮遊したすることはない。たぶん、ここでは「画像』というのは図像主題のことだろう。マリリン・モンローの写真と肖像画を比べてみよう。どちらの図像主題も実在した女優のMMを「外部指示」している。図像主題と被写体あるいはモデルは区別しなければならない。勿論モデルあるいは実在する人物を指示しないこともある。図像客体と図像主題の志向的関係は、図像主題と外部指示の志向的関係とはことなるものだ。そして知っている人物の肖像画と架空の人物画では見え方はことなるし、抽象的な写真や抽象画ではなおさら曖昧なものになる。

混乱したかもしれない。誰でも分かることを書いておく。図像意識の志向性がもちろん曖昧で両義的であることは確かだ。例えば、ナンシー関の「似ていない似顔絵」は、誰なのか分かったような分からないような中途半端な感覚の面白さだ。名前を知っている場合と知らない場合。顔を思い出すとき思い出さないとき、長いキャプションを読んでなるほどと思ったとき思わないときなどなど、まさに「宙吊り」「浮遊」の感覚だ、だからといって哲学持ちだしても余計に分からなくなるだけではないか。これは図像客体と図像主題の志向的関係ではなく、図像主題と外部指示の対象との関係なのだ。

「写真」はアーティストや美術評論家にとって麻薬みたいなものだ。一度手を出すとその安易なレトリックの使い回しから抜けられなくなる。ロラン・バルトもロザリンド・クラウスもそうだった。もちろん画家にとっても事情は同じだ。絵の分からない美大生などが写真を利用してオブジェもどきやインスタレーションを作る。仕舞いに写真は「芸術的写真」ではなく、芸術そのものになる。杉本博司の写真が展覧会で絵画と並べて展示され、杉本博司と浅田彰が対談する。それを読んで、また、絵の描けない画家がコンセプチャルな作品を作る。堂々巡りでどこにも出口は見つからない。

そろそろ、絵画に還るときではないか。



注1: たぶん混乱するだろうから、あらかじめ市原研太郎の間違いを指摘しておくと、「図像客体」と「図像主題」を区別していないこと、そのかわり「画像」という「物質と意識」(ベルグソン)の合いの子のような曖昧な言葉を使って議論を混乱させている。一言でいえば「意識の志向性」を理解していない。図像意識は知覚でも想像でもなく、「知覚に基づいた想像」なのだ。


注2: 「写真はインデックス記号か?」()

注3: もちろん衣服をPhotoshopで彩色してやれば、灰色の人物に見える。
スポンサーサイト
2013.06.22[Sat] Post 22:58  CO:0  TB:0  -ゲルハルト・リヒター  Top▲

ゲルハルト・リヒター 「New Overpainted Photographs」展(後編)

『前編』からつづく

「Overpainted Photographs」は文字通り写真の上に絵具が擦りつけられた作品で、具象画の上に抽象画が重なっていることになる。擦りつけられた絵具が抽象画としてさまざまな程度にイリュージョンを持つ。《フィレンツェ》のシリーズでは、まったく透明な写真の表面に絵具がこびりついているように見えるものもある。あるいはフィレンツェの街並みに沿うように写真のイリュージョン空間の中に侵入しているように見えるものもあるけれど、絵具は写真のツルツルした物理的表面に付着している。

絵具がスキージで擦りつけられているので、なおさら絵具の物質感が強調され、写真の非物質的イリュージョンとの対照が際立つ。こういうところが図解的と言われるのだが、こんどの「『New Overpainted Photographs」では、このスキージの技法ではなく、新しいoverpaintの技法を使った作品がある。正確な方法は判らないが、油絵具の代わりにラッカーを垂らし、墨流しのように模様を作り、そのまま乾燥させて、表面に皺を寄せた作品、絵具を薄く塗って一部をヘラで擦りとったような作品、絵具を厚く置いて上からガラス板のようなもので押しつぶして素早く剥がしたような作品、どれもスキージの作品よりも、写真のイリュージョンと絵具の物質性の対比が顕著である。

中でもボケた写真を使った作品は、付着した絵具にピントが合って、向こうにみえる風景がアウトファーカスになっている。ということは印画紙の物理的表面に付着した絵具が、写真イリュージョンの一番手前にある透明なガラスに付着しているように見えるということだ。実際に見ると、そこにあたかもガラスがあるかのように見える。さらに付け加えるならば、写真の表面に付着した「物理的な絵具」がピントが合った写真の被写体、すなわち「イリュージョンの絵具」になっている。

リヒターは自分の絵が「だまし絵」ではないといっているけれど、「蝿のだまし絵」に似ているところがある。蝿のだまし絵は、絵に描かれている蝿がキャンバスの表面にとまっている本物の蝿に見えるのだが、リヒターの作品は、印画紙の表面に付着している絵具が写真に写った被写体のように見えるということで、ちょうど逆になっている。

リヒターの作品はレトリカルだという、ベンジャミン・ブクローの批判は当たっている。しかし、リヒターの天才は、スキージの技法をたんなるレトリックにおわらせない。リヒターは、スキージ技法で絵具の物質性を露呈させるともに、抽象画にイリュージョン空間与え、さらに、筆を使ってあたかもスキージで描いような大作の抽象画も描く。リヒターのスキージの技法は、断言はできないけれど、ポロックのポードの技法に匹敵する優れた技法になっている。

以上のことは、リヒターのレトリックのいくつかを分析しただけで、リヒターの魅力が何処にあるのか何も語っていない。岡崎乾二郎もまたレトリカルと言えるだろうが、岡崎は反絵画、反イリュージョンに向かっているのに対し、リヒターは断固として絵画のイリュージョンの復活再生を目指しているように思える。

追加:意味不明な箇所修正(14日)


 写真の写実主義と表現主義については『マルレーネ・デュマス』参照
2010.03.11[Thu] Post 22:02  CO:0  TB:0  -ゲルハルト・リヒター  Top▲

ゲルハルト・リヒター 「New Overpainted Photographs」展(前編)

「WAKO WORKS OF ART」のリヒター展は「New Overpainted Photographs」というタイトルだったので、あまり期待していなかった。写真の上に絵具を擦りつけた作品は川村美術館の「ゲルハルト・リヒター -絵画の彼方-」で見ていたからだ。自分で撮ったフィレンツェの風景写真を使ったというoverpaintedの作品は、私には図解的でそれほど面白くなく、実験的な試作品のように思えた。

リヒターの写真をつかった作品は、「絵画とは何か」の解説のようなところがあって、評論家はいろいろ論じられて面白いのだろうが、素人にはその技術やアイディアに感心するだけの作品になっている。写真は、インデックスとイコンの二重の記号なのだが、リヒターはインデックス記号としての写真の物理的表面であるボケ・ブレ・ソフト=フォーカスを模倣することで被写体ではなく、写真そのものをスーパーリアルに再現した。(注1)

このことは「図像の三層構造」で考えればよくわかる。ダゲレオタイプの写真が発明されてすぐにアングルなどのアカデミー画家たちは写真を利用し始めたが、それは写真の「図像客体」ではなく、図像主題を模倣したのだ。当時、写真はまだモノクロだったが、彼らが描いたのは色彩のある絵画だった。それに対してフォトリアリズムがすでにカラー写真が誕生していたにもかかわらずモノクロ絵画を描いたのは、制度的約定的に図像客体がモノクロであることが依然として写真の形式的特徴だったからだ。

もちろんフォトリアリズムは被写体(図像主題)を再現(represent)するのではなく、写真画像(図像客体)を再現するのだから、カラー写真を使ったフォトリアリズムは、図像客体がカラーなのだから、当然色彩絵画になる。その場合色彩はカラー写真特有の色調になるはずだが、実際にはコダックの色調やフジの色調に描いたとしても写真的な面白さはないだろう。むかし、モノクロ写真に彩色したカラー写真があったけれど、中途半端でつまらないので普及するにいたらなかったのは当然である。色彩は写真にとって本質的なものではない。

どちらにしろ、モノクロのフォトリアリズムと異なり、カラーのフォトリアリズムは、図像客体を再現しているのか、図像主体を再現をしているのか区別するのが難しい。たとえば、上田薫の《なま玉子》のシリーズは、「写真みたいな絵」、あるいは「絵みたいな写真」であり、写真とイラストの合いの子になっている。《なま玉子》が「写真みたいなイラスト」に見えるのは、リアルな描写にもあるが、何よりも玉子の黄身が割れた卵のからから落ちる瞬間を「高速シャッターで撮影」しているからだし、「イラストみたいな写真」に見えるのは、フォトショップで処理した広告写真によくみられる階調性に欠けた硬調な描写だからだ。

上田薫のスーパー・リアリズムは写真とイラストの境界領域にあり、単純な写真的リアリズムではないことは、例えば、《オレンジにナイフ》と高島野十郎の静物画のリンゴと比べてみれは明らかだ。高島野十郎は写真的な描写を排し、図像主題のリンゴが目に見える通りに再現しようとしている。そのことが結果的に写真に似た描写になったのだ。(現象学的ではなく自然科学的に言えば、これはわれわれの視覚のアルゴリズムと写真のアルゴリズムが類似していることによっているのではないか)

それにたいして、リヒターは、図像主題(内容)ではなく、写真のボケ、ブレ、アウト・ファーカスなどの逸脱した図像客体(形式)を利用した。これは図像主体のリアリズムではなく、図像客体のリアリズムなのである。ブレ、ボケは写真画像に特有な現象である。だから、それを再現した絵画も写真に見えるのだ。面白いことに、プリントを「雑巾がけ」などしてボカした写真をピクトリアリズムと称した芸術写真の流派がいたことだ。

以上の「フォト・ペインティング」のシリーズはあくまで同一の図像の中の三層構造の問題だが、「Overpainted Photographs」は風景写真と抽象画の二つの別の図像の重なりの問題をあつかている。リヒターは自分にとって風景画と抽象画の区別がないと言うけれど、画集《Firenze》の解説でDietmar Elger は、「リヒターの作品には再現描写と再現に奉仕しない自律的な絵画との境界領域、あるいは、イリュージョニスティックな風景描写と物質性の両者を分かちがたく貫いているさまざまな実在性のレベル」があると言っている。

後編ではこの問題を考えてみる。 づづく

注1:HP『絵画の現象学』の美術評論『写真はインデックス記号か?』を参照
2010.03.08[Mon] Post 21:05  CO:0  TB:0  -ゲルハルト・リヒター  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。