ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

Anselm Kiefer

「みんなのなかにいる私」展(MOT特集展示)★★★★

 大竹伸朗全景展を見たついでに常設展示を見た。「大竹伸朗全景」展は三度目なのだが、これまでは「全景」を見るだけで疲れてしまい、まだ、常設展を見ていなかった。それで、今回は、先に常設展を見ることにした。
 面白かったことを箇条書きにしておく。

★ゲルハルト・リヒター《エリザベート》:モノクロ写真を模写して、ボカしたもの。大竹伸朗にもホックニーにもモノクロ写真を模写したものがあるが、ゲルハルト・リヒターが圧倒的にすばらしい。川村美術館のリヒター展では、むしろ理屈っぽく感じたが、他の具象抽象の現代美術の中においてみると不思議なオーラを発している。リヒターはラスコーの洞窟画を描いた人間とまったく同じ意味で画家なのだ。野牛が洞窟の壁に確かに存在するように、エリザベートも美術館の壁のそこで笑っている。

★ロバート・ライマン 《君主》:これが有名なミニマリズムの白いキャンバスかと眺めた。白い壁と、白いキャンバスと、白い絵の具と、白い図形と、そして白いイメージが浮かび上がって来るはずだが、なにも起きない。ただの白いキャンバスがあるだけだ。
 なぜか大竹伸朗の《網膜》と李禹煥の《余白の芸術》をおもいだした。とくに李禹煥の横浜美術館の「余白の芸術」はライマンの俗な盗用と思えた。でも、ライマンには余白なんかないところが素晴らしい。ロバート・ライマンの画集を買って、眺めてみよう。でも、画集で彼の面白さがわかるかしら。

★エンリコ・カステッラーニ《拡散する表面》:こういう平面的作品は好きである。ここの現代美術館にある宮島達男の《それは変化し続ける それはあらゆるものと関係を結ぶ それは永遠に続く》は電気仕掛けの平面だから、見ていて飽きない。私がアートに開眼したのは、子供頃見た高階秀爾監修の『世界の美術』(偕成社)のフォンタナの切り裂かれたキャンバスだった。

★河原 温《日付絵画》:コスースの《椅子》がコンセプチャルだというのは解らないではない。しかし、この《日付絵画》の何処がコンセプチャルなのか分からない。横着な絵手紙としか思えない。でも、コンセプチャルでないところがコンセプチャルだと言われそう。

★アンゼルム・キーファー《イカルス・辺境の砂》:こんなものに世の美術評論家がだまされとはとても信じられない。イカルスの羽にパレットがくっついているけれど、これがボランティアの案内人によると「絵画の終焉」を意味しているそうだ。展示室に置いてある解説カードを読むと、まあ、あることないこと、これでもかこれでもかと、並べ立てている。どうしても、ここに引用したいのだけれど、ながいので止めておく。
 とおもったけれど、やっぱり、少しだけ引用する。「二元論的な精神と物質の相克」 「鉛、藁、石など元素的な存在そのものを暗示する物質」「ギリシャ神話とドイツの歴史が重なり合う主題」「砂や写真を画面に付着させる技法」「象徴的に燃える火」「作者のライトモチーフとも言えるパレット」と言う具合に続くのだ。この作品の制作年は1981年だけど、当時の美術界の状況がしのばれる。

★ジム・ダイン《晩冬のロマンス》:これはキーファーに輪をかけてひどい。カードの解説は武士の情けで引用するのはやめておく。黒い血を流している汚い緑色のハートはともかくとして、タイトルが《暖冬のロマンス》(Romancing in Late Winter)とは何事か。吉本どころかこれじゃエンタの神様のネタだ。

★横尾忠則《意志の彷徨》:これは夜の都会の風景で横断歩道が光っているところは、千住博のビルのシリーズに似ている。感想はそれだけです。

★マーク・ロスコ《赤の中の黒》:川村美術館のシーグラム壁画にちょっと満足できないところがあるのだが、これはそれほど大きくなく、照明があかるくて、なんとなくそれらしいロスコで、ちょっぴり安心した。

★ナム=ジュン・パイク《TV時計》:まったくつまらない。考え方によっては、当時はまったく新しい映像感覚だったのだろう。ただそれだけのことだ。わたしが、面白かった唯一のヴィデオ・アートは1960年代に見たもので、十台ぐらいのテレビを並べて、ビデオで数秒ずつ時間をずらしてテレビ番組を流す作品で、これは次から次へと同じ映像音声がくりかえされるように見えて、現実がコピーのコピーになっていく様はまことに今という時間の虚構性を暴露するような愉快な作品で、見ていて飽きることがなかった。あれはいったいだれの作品だったのだろう。ひょっとしてパイクだったのかもしれない。

 以上思いついたことを書きました。これまでのMOTコレクション展で一番楽しい展示でした。
にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト
2006.12.30[Sat] Post 13:28  CO:0  TB:1  -Anselm Kiefer  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。