ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

河井美咲

  ボロボロ ドロドロ展(ワタリウム)☆

 「帰ってきた日本のサブ・カルチャー」という副題で、河井美咲とテイラー・マッキメンスの二人が開いた展覧会。
 河井美咲のほうはヘタウマだというのだが、ノートの切れ端に描いたイタズラ描きは、たしかに、ごく普通の小学生のイタズラ描きにしかみえない。「スペース・ハウス」はインスタレーションというのだが、カルティエ現代美術財団展で見たママゴト遊びを思いっきりヘタにしたものだ。
 それにくらべれば、テイラー・マッキメンスは、ウンチとかゲロとか、よくある汚物をテーマにしているのだが、上質とはいわないが、ユーモアがある。紙に描いた水滴や波紋、バケツや電気コードを壁や床に貼り付けた作品は、幼稚だが、なかなか味がある。
 でも、いくらサブ・カルチャーと言われても、サブ・カルチャーをサブ・カルチャーのまんま展示されてもなぁ。小学校の卒業制作か、あるいは幼稚園の保護者参観日の飾り付けに千円の入場料はたかすぎる。受付の女子は、期間中何度でも入れるパスになっていると説明してくれたが、二度入る物好きがいるだろうか。
 テイラー・マッキメンスはそれなりに自分の商標を作り出しているとは思うが、河井美咲は自分の商標となるような「おりじなりてぃー」がないので、このままでは苦戦は避けられない。
「古いもの、ボロボロなもの、溶けるもの、今にも崩れそうなもの、つぶれちゃったもの、私たちのまわりには、ステキなもんがたくさんある。」と、河井のキャッチフレーズは松井冬子なんかより、ずっと分かりやすくて、おもしろいのだから、もう少し的を絞って、戦略を練り直せば、売り出しのチャンスはあるだろう。
 しかし、こんな古くさいアート戦略が生き残っているとは、驚きである。
にほんブログ村 美術ブログへ 
スポンサーサイト
2006.12.26[Tue] Post 19:23  CO:2  TB:0  -河井美咲  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。