ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

鈴木啓太

鈴木啓太『CHORD』(gallery.sora.)★★☆  どんな訳で、こんなギャラリーにやってきたのか自分でもよくわからない。「NEW favorite」という現代美術のギャラリー案内のパンフレットを見てやってきた。中央区というのは辺鄙なところで、なにもそれらしきものがない不思議な街だ。第一、〈sora〉なんていう名前が怪しい。  車のナビで近くまで行き、女房が車から降りて場所を探した。例によって、一向に探し当てることができない。目の前の電信柱には、ギャラリーがあるはずの所番地がかいてある。それでも、ギャラリーらしきものはどこにもないと、女房はその一角を行ったり来たりしている。車を止めた横が空き地で、そこに接したビルにgalleryがあるはずだ。しかし、どこにもギャラリーの名前がないという。上の階かもしれない。中に入って、確かめろという。少し経って出てきた女房は、確かにgallery.sora.があったけれど、なにも展示してない。女の人に開始は2時だと言われたと言う。でも、2時まであと10分しかないのに壁には何も架かっていないし、何かちょっと不思議である。  見るのをやめて帰ろうかとも思ったが、今回は、『NEW favorite』に載っているギャラリーはみんな見てやろうという意気込みなので、少し待つことにした。  近くに駐車場がないので、私がまず行って、面白かったら交替するということにした。ギャラリーの方に歩いていくと、女性が出てきて、始まったという。中は薄暗く、ビデオが上映されていた。
スポンサーサイト

▽この記事の続きを読む?

2007.01.03[Wed] Post 00:52  CO:0  TB:0  -鈴木啓太  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。