ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

町田久美(4)


町田久美の《成分》 (VOCA展2007)

    VOCA展で町田久美を見て、感想を書かなくてはと思いながら、放っておいた。でも近頃検索で町田の記事を覗く人がいるようなので、ひとまず感想を書いておく。
 VOCA展では、同じ西村画廊で扱っている樋口佳絵が大原美術館賞を受賞したのにくらべ、町田は無冠であったのは残念だが、だからといって、VOCA賞をもらった山本太郎とくらべて遜色があるわけではない。推薦者の小勝禮子の「『慈愛』の強度」という推薦文も、内容や主題に関していえば、まずは妥当なところだろう。
 しかし、わたしはどこか不満であった。わたしが以前ふれた「触覚的ナルシズム」は確かにあるのだが、どういうわけか線からあの不気味さが消えている。町田の線の魅力は誰もが指摘している。わたしもそう思う。彼女の線はキャンバスの平面を分割するだけではなく、事物の輪郭線を超え、キャンバスの縁を飛び出して、自在に動き回る線だったはずだが、それが《成分》にはないのだ。
 『日本×画展』のときとおなじよに、《成分》の絵柄も画面の縁で切られている。しかし、『日本×画展』では、そのことによって、かえって線や余白が生きてきた。ところが《成分》では、それらが文字通りトリミングされてように断ち切られている。主題が強調されているが、空間は死んでいるのだ。
 町田の線と余白は伝統的な日本画とはまったく異なる線と余白だ。プライス・コレクション展でみた伊藤若冲の6曲1双の屏風の鶴よりも、町田の線や余白のほうがずっと素晴らしい。しかし、《成分》のトリミングは、山本太郎の間の抜けた構図にだってかなわないような気がする。
 それから、輪郭線の内側に陰影を付けたり、線がはねていたりして、心なしか柔らかくなっているような気がするが、気のせいかもしれない。
 とにかく、次回に期待しよう。

 にほんブログ村 美術ブログへ
スポンサーサイト
2007.08.04[Sat] Post 00:10  CO:0  TB:0  -町田久美  Top▲

町田久美(3)

町田久美と「ぬり絵」

 以下の文は、しばらく前に書いて、アップしなかったものだ。現代美術の複製や引用の問題が分からなくなったからだが、とにかく、少し付け足してアップしておきます。

 Readerさんという方から、町田久美のデジタル・プリントの作品について間違ったことを書いているとの指摘があった。プリントのコピー紙は雪肌麻紙ではなく洋紙であること、手彩色したのはコンパクトではなく、爪であることの二点です。お詫びして、訂正いたします。
 もう一つは、作品を評価するなら作家のインタビューを読み、作品の制作年代を確認すること(作品の変化を見ること?)が必要だという指摘です。
 
  

▽この記事の続きを読む?

2006.08.31[Thu] Post 00:28  CO:0  TB:0  -町田久美  Top▲

町田久美(2)

 町田久美にはちょっと失望した。 
 
町田久美

 といっても、そんな大袈裟なことではなく、前回、西村画廊での町田久美展評で書いたリトグラフ商法のおそれが、なかば現実のものになったということである。
 http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/blog-entry-45.html

▽この記事の続きを読む?

2006.07.30[Sun] Post 00:48  CO:2  TB:0  -町田久美  Top▲

町田久美展(西村画廊)★★★★★

アート度{1}:正統派である
目立つ度{4}:日本画に革命を起こすかもしれない。
コピー度{4}
美術度{4}:どうなるかわからない。
おしゃれ度{5}
絵描き度{4}:狂気は感じる。
恍惚度{0}:リトグラフの大量販売をはじめるかもしれない。 

▽この記事の続きを読む?

2006.06.25[Sun] Post 01:16  CO:0  TB:0  -町田久美  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。