ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

『「食糧危機」をあおってはいけない』川島博之


図書館の新入荷のコーナーから借りてきた。

私たちが知っている一番最近の食糧危機は「自給率が40パーセントを切った」という騒動だ。これは、すぐに農水省の陰謀だと判った。自給率が減ったからと言って食糧危機にはならない。

著者によると食糧危機の起源は以下の三つだったという。
1。 ローマ・クラブの報告『成長の限界』(1972年) 人口増加で食料生産が追いつかなくなる。
2。 レスター・ブラウンの『誰が中国を養うのか』(1995年) 中国の成長でみんな肉を食べるようになり、穀物が飼料に使われ、食糧用の穀物が足りなくなる。
3。 バイオ燃料がパンを奪う。

著者はこれらの危機説はすべて嘘だったと具体的に論駁している。詳しくは本を読んでください。
スポンサーサイト
2009.06.17[Wed] Post 01:48  CO:0  TB:1  図書館の本  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。