ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

木下航二の密かな楽しみ

木下航二の名を知る人は少ないだろう。Googleで検索すると917件(6/21現在)にヒットする。その多くは『原爆を許すまじ』の作曲家としてだ。わたしが知っているのは高校の時に教わった社会科教師の木下航二だ。

ウィキペディアには以下の説明がある。

東京府出身。東京府立一中、旧制一高を経て、東京大学文学部東洋哲学専攻卒業。すぐに都立日比谷高校教諭となる。1954年、ビキニ環礁上にて水爆実験が行われ、第五福竜丸が被爆、原水爆反対の署名運動に参加し、「原爆を許すまじ」を独学で作曲した。曲は当時の「うたごえ運動」にのって全国に広まり、翌年に第1回原水爆禁止世界大会で参加者に歌われた。 1960年代後半まで校歌・組合歌など80曲あまりを作曲したが、以後作曲から手を引き、昇進も断り母校にて独自の教材を基に倫理・社会教諭として1991年まで教壇にたった。

最後のところは美談仕立てだが、果たしてそうか。森一郎は後にベストセラーになる『試験に出る英単語』のガリ版刷りを配って、「ソーンダイクはだめだよ」と言っていたが、木下航二の独自の教材なんてみたことがない。多感な高校一年生に倫理の話をするならいくらでも面白く出来たはずだが、そんな授業はいちどもなかった。

それでも憶えている授業はある。朝鮮戦争ではどちらが先に攻撃したかの話や、関東大地震のときの朝鮮人迫害の話は、そのときの表情まで、よく憶えている。けれど、何より忘れられないのは部落問題の授業だ。あいうえお順に全員に部落問題をどう考えるか言わせるのだ。はじめは半信半疑だった生徒も、執拗に席順(アイウエオ順です)に指名していくのを知って、しだいに教室は息苦しい雰囲気が支配し始めた。

たぶん東京に住んでいれば部落のことなどしらないし、知識として知っていても関心はない。それでも、差別は絶対いけないと言わなければならないことはみんな知っている。なかには、すでに社研に入っていたり、父親が共産党員だったり朝日の記者だったりして、どうどうと差別反対の意見をのべる同級生もいたけれど、おおかたは、もぞもぞと差別反対の意見を述べていたように記憶する。

わたしの席順は27番目だったのだが、何を言えばいいのか、たぶん部落問題のことは知らないと正直に答えるべきだったのだが、とてもそんなことを言える雰囲気ではなかった。それで小学生のころ両親の田舎に行ったとき耳にしたことをはなし、差別はやっぱいけないと思いますとまるで幼稚なことを言った。同級生は笑ってくれるかと思ったが、誰もわらってくれなかった。

これは、どう考えても「総括」である。木下先生はたぶん毎年入ってくる新入生に、いきなり「君たちの心の中に差別意識がないか」という問いをつきつけるのを楽しんでいたのではないか。だから、木下先生は最後まで一介の社会科教諭として教壇にたっていたのだ。

というわけで、この一文を『木下航二の密かな楽しみ』とする所以である。
スポンサーサイト
2009.06.21[Sun] Post 23:39  CO:2  TB:0  人権テロ  Top▲

長崎市長は残念に思っている

産経ニュースに、《衆院選「8・9」は避けて 長崎市長が首相あて文書申し入れ》と言う変な記事が載っていた。なんでも、8月9日は長崎市の原爆記念日で重要な式典があるから、次期衆院選の投開票日にしないように政府に申し入れたというのだ。

記事を読んで笑ってしまった。衆院選の投票日が9日と予想したのは民主党の岡田幹事長で、それも、すぐに自民党の古賀選対委員長などが、9日だけではなく、広島の原爆記念日の6日も無理だと発言している。それなのに出張費まで使って東京に出てきたのは、いつも広島の8月6日の陰に隠れている長崎の8月9日をアピールする絶好の機会だったからだ。

それも言うことがふるっている。古賀氏はその日は学校の登校日になるところもあり、学校を投票所に使うことが難しいと言っているのだが、長崎市長は「オバマ米大統領の登場で『核兵器のない世界』への新しい流れが現れ、国際世論の喚起に向けて従来にない重要な日になる。衆院選の日程の決定には格別の配慮をお願いしたい」と言う。

申入書は広島市長と連名だそうだが、近頃、たいていのことは両市が平等にやろうとしているようだ。核拡散防止条約再検討委員会議の準備委員会にも両市長が参加して、両方平等にスピーチしたそうだ。日教組が卒業式の答辞で女子と男子を交替でしゃべらせるようで、なんだか変だ。そんなとこで平等にしてどうする。

今年の8月にデスコト国連総会議長が広島(6日)だけではなく長崎(9日)も訪問すると決まったのは喜ばしいが、長崎市も望んでいる米大統領の被爆地訪問のときはどうする。相変わらず広島々々と、Hiroshimaのことしか言われていない。もし来るとしても2カ所もいくのは無理だろう。

長崎市長は広島市長と表向き仲良く平等にやっている。でも、オバマ大統領の広島訪問のことを考えると夜も眠れない。きっと、2番目に原爆を落とされたことを残念に思っているだろう。どうせ落とすならなぜ一番目にしてくれなかったかとトルーマンを暮夜密かに呪うのである。

わたしはすでに別の記事(注1)で書いたように、米大統領の広島訪問に反対である。「原爆投下は誰もが認める絶対的な悪になっている。そんな悪を認めてもただの宗教的な儀式である。悪ではなく、犯罪を裁かなければならな い。彼らがおこなった焼夷弾や火炎放射器による虐殺こそまず謝罪すべきことだ。かれらの犯した戦争犯罪を、原爆という悪の神学にしてはいけない。」

夏に天皇皇后両陛下がカナダ・ハワイを歴訪し、その際、真珠湾も訪問する予定だという。ひょっとして謝罪するのではないかと危惧している。

注1:『広島に花束なんかいらない』
2009.06.03[Wed] Post 23:32  CO:0  TB:0  人権テロ  Top▲

田原謝罪、家族会の人権テロに屈服する

田原総一朗が横田めぐみ死亡発言を家族会に詫びた。以下、毎日新聞(ヤフー)から。

 北朝鮮による拉致被害者の安否についてジャーナリストの田原総一朗氏がテレビ朝日の討論番組で「外務省も生きていないことは分かっている」などと発言したことを巡り、拉致被害者家族会と支援団体「救う会」は22日、田原氏からおわびの文書が届いたと発表した。
 文書は「乱暴な言い方でご家族や関係者のお心を傷つけたことをおわび申し上げます」と記されている。これに対し、家族会などは「『乱暴』などという表現ではすまされない人命軽視の暴言で、重大な人権侵害」とする共同声明を出した。(5/23強調安積)

ついに家族会は人権テロリストになってしまった。これではカルデロンちゃんがかわいそうだと言ってるウスラサヨクと同類である。横田早紀江さんは憂国の士だと思ったから支持していたのだ。これでは駄目だ。苦しいのは分かるが、安易な人権テロに走るのではなく、もっと毅然としてもらいたい。

しかし、サヨクは家族会を批判するが、悪いのは家族会ではなく、「遺骨は偽物だからめぐみさんは生きている」という奇妙な論理を振り回している政府なのだ。いや、もっと悪いのは、はじめに誘拐ゲームを協力ゲームにしなかった金正日だ。出し惜しみをして、安倍氏に強硬策をとられて、あわてて協調戦略に転換したけれど、それも小出しにしたので、家族会側の不信をまねいてしまった。

サヨクは、生きている人質はみんな返したのに身代金を払わないのは卑劣だと、家族会を非難しているが、その非難はあたらない。家族会は真剣にゲームをプレイしていたのだ。五人の拉致被害者を帰さないという裏切り戦略が今回のゲームで一番すぐれた手だったのかもしれない。だからこそ加藤紘一や親北朝鮮の人たちはこの手(戦略)をこぞって非難するのだ。

もちろん子供たちが殺される危険はあった。しかし、これを誘拐ゲームと考えれば、人質を殺しても何のとくにもならない。人質を安全に返してこそ身代金が手に入る。だから、子供たちは人質であるかぎり安全ともいえたのだ。もちろん犯人が合理的に行動したばあいだ。

金正日は合理的にふるまった。身代金を受け取らずに五人の人質をいったん返したのも、寺越さんや日本人妻の一時帰国などの成功体験があって、比較的恵まれた人たちなら、子供たちを人質にしておけば帰ってくると高をくくっていたのだ。ところが家族は裏切り戦略をとった。

これは最良の戦略だった。ところが、遺骨鑑定で最悪の戦略を選んでしまった。そして、今回の人権テロへ。

つづきは次回。

『横田めぐみ死亡説』へ
2009.05.23[Sat] Post 17:33  CO:2  TB:0  人権テロ  Top▲

『レイプレイ』はチャイルド・ポルノか

ポルノが有害かどうかについての論争は、ほぼというより完全に決着がついている。アメリカではポルノ解禁後、レイプが85パーセントも減少しているという。アメリカのキリスト教原理主義の雰囲気がこの数字を認めようとしない。

それなのに児童ポルノが規制強化の方向なのは、児童ポルノを制作するために児童誘拐の犯罪がおこなわれているからだ。大人のポルノ出演者はいるが、子供は強制しなければならない。アメリカでは年間数千の単位で児童が性的目的のために誘拐され殺されているという。

単純所持を罰するのも、需要がなくなれば供給もなくなるという理屈だろう。

しかし、児童ポルノのアニメは、実写ではないのだから、児童を虐待しているわけでも、誘拐してくるわけでもない。それに、『レイプレイ』はみていないのだが、オタクやロリコンのポルノはそんな暴力的なものとは思えない。むしろ日本アニメのロリコンポルノを普及させれば、アメリカのチャイルド・レイプは減るかもしれない。

日本は圧倒的に強姦が少ない国である。そのかわり電車の痴漢は日本にしかいないという。こんなことをいうと田島陽子に「ほらね、男はみんなそうなんだよ」と言われそうだが、どうかんがえたって、強姦より痴漢のほうがましだろう。目くそ鼻くそだけどネ。

ガーディアンがイギリスの国会議員が『レイプレイ』弾劾の演説をしたと伝えているが、相変わらずの日本人蔑視である。従軍慰安婦問題のときもそうだが、白人は自分たちの性文化が日本ほど成熟していないことをどうしても認めたくないようだ。








2009.05.17[Sun] Post 02:51  CO:0  TB:0  人権テロ  Top▲

鳩山由紀夫はカルトか

鳩山由起夫は永住外国人に参政権を与える理由として、「日本は日本人だけのものじゃない」と言ったことを批判されて、記者会見で以下のように反論した。

 「私がニコニコ動画で発言したことが大変、話題になっている。国民に大いに議論してもらいたい。これは大きなテーマ、まさに愛のテーマだ。友愛と言っている原点がそこにあるからだ。地球は生きとし生けるすべての者のものだ。そのように思っている。すべての人間のみならず、動物や植物、そういった生物の所有物だと考えている。この中でそれぞれが自立しながら共生していく世の中を、どうやって つくっていくかということが、ある意味での日本、世界に生きる人々の最大のテーマになるのではないか。今日までに、世界は弱肉強食に行きすぎたと。その前 は、日本は依存に行きすぎたと。依存でもない、弱肉強食でもない「自立と共生」をいかにうまくマッチさせるか、バランスをとるか、それが友愛の精神だと 思っている。(産経ニュース)

おいおい、鳩山さんは今度は植物にも選挙権をあたえるつもりらしいぞ。
2009.04.26[Sun] Post 10:01  CO:0  TB:0  人権テロ  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。