ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

『マンガノゲンバ』(NHK)のやらせ

漫画家唐沢なをきの妻よしこさんが『からまんブログ』で、NHKのやらせ取材を批判している。

して、『マンガノゲンバ』の取材、放送を中止してもらった理由ですが、この番組の取材、ほんっっっと~~~~に不愉快だったからです。びっくりしました。 なんというか、インタビューが誘導尋問的なんですよ。ディレクターさんがなをさんに質問し、それになをさんが作画しながら答えるというところを撮影してたんですが、なんか、このディレクターさん、勝手に頭の中で「ストーリー」を作っちゃってるんですよね。唐沢なをき像というか。

なにしろ、ディレクターの思いどおりの答えじゃないと「そうじゃなくてー」と言ってやり直しをさせるらしい。このことで思い出すのは、『松井冬子と上野千鶴子』の記事で書いたNHK ETV特集『醜いもの 美しいこと~日本画家 松井冬子の試み~』のことだ。

(松井冬子の)対談相手は上野千鶴子氏(東京大学大学院社会学部教授)、山下裕二氏(明治学院大学文学部教授)、布施英利氏(東京芸術大学准教授)で、三人とも、松井芸術の神髄を聞き出そうとするのだが、そのとってつけたような質問と、とんちんかんな応答で、お気の毒に三人はバカ丸出し状態だ。(『松井冬子と上野千鶴子』)


「とってつけたような質問」や「とんちんかんな応答」になったのはかれらの責任ではなく、NHKのディレクターが「そうじゃなくてー」と駄目だしばかりしたからだ。

そのなかで上野千鶴子はNHKのディレクターのシナリオに積極的に協力しているのがわかる。映像というものは被写体の真実ではなく、むしろ制作者側の虚偽を暴く。面白いからそこのところを『松井冬子と上野千鶴子』から引用する。

松井氏の美貌にたいして上野氏の知性と言いたいのだろうが、そうは問屋がおろさない。二人の知性は似たり寄ったり、スピーカーのそばにマイクロフォンを置いたように、お互いの**が増幅して困った事態に陥ってる。いつのまにか上野氏はカウンセラーになって、自分の理論どおりに松井氏に答えさせようと、「その答えじゃ満足できない」と言い出す始末。上野氏はメモをみながら質問しているのだから、あらかじめ打ち合わせをしているはずだが、松井氏そんなことはすっかり忘れている風で、上野氏の質問が理解できないのか意味不明の答、二人の会話はいっこうにかみ合わない。上野氏も臨機応変に質問すればいいのだが、ジェンダー理論は敵をののしるには便利でも、味方を理解するのは不得意のようだ。(『松井冬子と上野千鶴子』強調安積)

上野千鶴子が「その答えじゃ満足できない」と言ってるのは、自分の理論に合わないからではなく、ディレクターのシナリオに合わないという意味だったのだ。

NHKの「やらせ」はETVだけではない。『激流中国』も『ジャパンデビュー』も言うまでもなくやらせである。不思議なのはなぜこんなヤラセの番組を放送して犯罪にならないのかということである。

日曜美術館が大変なことになっている。山下菊二の特集だったが、これでは中国制作の反日宣伝番組だ。イラストをドキュメンタリー絵画と称して、歴史的真実の記録のごとく見せかけている。油断していたらカンサンジュンさんがあらわれて「悩む力」の抜粋みたいなことを言いだした。あわててテレビを消した。
スポンサーサイト
2009.09.14[Mon] Post 16:55  CO:0  TB:1  NHK  Top▲

プロジェクトJAPAN(2)

『プロジェクトJAPAN』(1)からつづく

『プロジェクトジャパン』を最後まで見たと書いたが、ネットを見ると、どうやら見たのは前半だけだったようだ。どちらにしろ我慢は限界に達していたので、後半を見てもすぐに見るのをやめたろう。

ブログ検索をすると、上位のブログはほとんどが感動派で、批判派はぽつりぽつりといるぐらいだ。

ここまで書いて、あとは馬鹿らしくなって、ほっておいた。そしたら、今日(4/11)の産経ニュースに以下の記事が出た。

Nスペに「李登輝友の会」が抗議声明
2009.4.10 20:38

このニュースのトピックス:メディア倫理
 NHK総合テレビが5日に放送した「NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー 第1回『アジアの“一等国”』」の内容が偏向していたとして、日本李登輝友の会(小田村四郎会長)は10日、福地茂雄NHK会長あてに抗議声明を出した。

 番組では、日清戦争後の日本による台湾統治について、一等国を目指して統治の成功を海外に誇示したものの、日台間の格差と同化という矛盾を抱え、やがて皇民化運動で日本文化を強制した-などとした。

 この放送に対し、声明は「日本が一方的に台湾人を弾圧したとするような史観で番組を制作することは、公共放送として許されるべきではない」とした。

 NHK広報局は「歴史を振り返り、未来へのヒントにしたいという番組の趣旨を説明し、理解していただきたいと考えています」としている。



あわてて検索して見ると、だいぶまともな記事が増えてきたけれど、相変わら大江健三郎流の「自分は良い子史観」の記事が沢山ある。これは史観の問題ではない。良心の問題なのだ。

2ちゃんねるに「気持ち悪い」という書き込みが多くあったが、この気持ち悪さはどこからくるのだろう。

NHKは『激流中国』で、中国のクレームを受け入れて放送を中断した。そしてどうみてもやらせと思われる映像を挿入して放送を再開した。こんどの『プロジェクトJAPAN』は明らかな捏造番組だけれど、中国の意向通りに作ってあるので、平然と放送を続けるだろう。

恥なしを恥とする。廉恥心のない人間は哲学的ゾンビのように気味が悪い。

カテゴリー「NHK」へ

2009.04.11[Sat] Post 16:57  CO:1  TB:0  NHK  Top▲

NHK新番組・プロジェクトJAPAN(1)

こんな非道い偏向番組は見たことはない。特定のイデオロギーにもとづいたプロパガンダ番組だ。平和主義を唱えればどんな嘘も許されるのか。これでは九条の会の宣伝番組だ。

この番組の詳細な批判は2チャンネルなどのネットにまかせる。とにかく最後まで見た自分を褒めたい。

一つだけ言っておくと、朝鮮を植民化したのではない、侵略併合したのだ。植民主義というのは世界史のなかできちっと定義されている概念だろう。

それから、たぶん2ちゃんねらーも気づかないだろうから、もう一言。
番組は、李朝の高宗がハーグの平和会議に送った密使が宿泊したデ・ヨング (De Jong) ホテルを映して、そこを記念館にして管理している韓国人にインタービューしている。日本が不当な朝鮮支配をした印象を強めているが、高宗がどんな暴政をしていたか、奴隷制度をふくめてなにも説明せずに、ただ密使を愛国者として描くのは東アジアの歴史を歪めるものだ。高宗はなぜ日本の保護を嫌い、ロシアに保護を求めたのか、国を愛しているなら、まず、民を慈しんだらよかろうに。

NHK新番組・プロジェクトJAPAN(2)へ
2009.04.04[Sat] Post 21:14  CO:0  TB:0  NHK  Top▲

電話NHK新聞をやめる(改訂)①

昨夜、眠たいままに書いたので、最後のところが意味不明になってしまったので、訂正します。古いのは削除しました。NHKのことは次回に。


口座引き落としにしていると、気づかないうちに無駄な出費が増えていく。それで通信費と新聞雑誌の購読を減らすことにした。

まず、東京の住まいの固定電話を解約した。これはすんなりいった。インターネットは光だし、電話は携帯しかつかわない。

静岡の新聞もやめた。販売店のひとは配達一時停止だと思っている。新聞はむかしは朝日をとっていた。長嶋が巨人の監督に復帰したときに読売にした。朝日に巨人の記事がほとんど載っていないからだ。長嶋が辞めたので、読売も止めた。

そのあと、株を始めたこともあって、日経にした。株が日経の見出しで上下することをしった。また、日経がそうとう怪しい記事を書いていることも知った。日経平均が1万8千円まであがったけれど、雑誌やネットでは中国とアメリカが危ないと書き始めていた。アメリカと上海とロンドンの住宅バルブの話が伝わってきた。日経はそんなことは書いてない。中国にかんしては悪い情報はなにもない。1万7千円あたりで、所有株を全部売った。中国株も売った。そしたら株がどんどん下がった。サブライムの問題も明らかになった。まだ、現金のままだ。

ここは山奥だから、新聞は一日一回朝だけの配達だ。それまで、日経の夕刊を翌日の朝刊といっしょにはいたつしてもらっていた。それをやめて、夕刊のない東京新聞にした。安いし、むかし「都新聞」と言っていたと、山本夏彦さんが推薦していたからだ。そしたら、取り始めてから数日めに、不可解な記事が『本音のコラム』にのっていた。面白いので切り抜いておいた。鎌田慧の『見たくないのココロ』である。誤解があるといけないので、全文引用する。

 ウソも百万遍いえば、ホントになるといわれている。九月二十九日の沖縄・宜野湾海浜公園でひらかれた、「教科書検定意見撤回を求める県民大会」の集会が、県内外から十一万人もあつめて、政府をあわてふためかせたが、早速、その人数にケチをつけ、検定を支持するひとたちがあらわれた。
 月刊の『WILL』は、右派ライターの屋内運動場のような雑誌だが、十二月号では、「集団自決」の特集を組んでいる。まず、渡部昇一さんが、型どおり「左翼メディアの巣窟」ときめつけたあと、「・・朝日新聞で『十一万人の大集会』と報じられましたが、実際にテイケイ(株)の会長がプロジェクトチームを作り、写真を拡大して一人一人、塗りつぶしながら数えるという膨大な作業の結果、二万人にも満たないということが判明しました」と書いている。
 単純な足し算もできないチームだったようだ。こんどは、藤岡信勝さんが、熊本大学生のグループの「マジックで潰して」の計算に依拠して、一万三千三十七人、と鬼の首をとったようにはしゃいでいる。後二人の筆者も、一万三千人、二万人と書いて臆面もない。
 各紙がヘリコプターから撮影した当日の写真を見ても、一万とか二万にしかみえない。見たくない人には、見えないのかもしれないが、物書きとしての責任があるでしょう。(ルポライター)


最初は、新聞はウソを報道するなという意味かと思ったが、どうもそではないらしい。それで、なんどか読み返したがやっぱりわからない。意味不明なのだ。わかることは足し算ができないのは、十一万人のほうではなく、一万人のほうだといっていること。それから、渡部昇一、藤岡信勝、『WILL』などの、右翼をしめす固有名詞をならべて、だから一万説は誤謬だと主張していることだ。

こんな文章が印刷されてしまうというのは、新聞社として崩壊寸前だということだ。すぐに東京新聞をやめて、夕刊のない産経にした。朝日読売毎日は読んだことがあるが、産経を購読するのは初めてだった。そんなに反中でもないし、ほかの新聞にはない韓国の記事はわたしには新鮮だった。

でも、そのうちニュースはGoogle Readerで読むようになった。それでも、あさベッドで新聞を読むのは習慣になっており、また、楽しみでもあった。止めるかどうか悩んだが、思いっきりやめた。やめてから四日たった。禁断症状はない。
2009.02.07[Sat] Post 11:58  CO:0  TB:0  NHK  Top▲

「激流中国」(2)

中村粲氏はNHKをしっかりウオッチングせよ!

 中村粲が「正論」2月号の「NHKウオッチング」でNHKスペシャル「激流中国」について間違ったことを書いている。
 「激流中国」は中国社会の暗黒面だけではなく、明暗両面をとりあげているので、それをネットで見た中国国民の共感を得た。体制批判の危険を感じた中国政府はNHKに抗議し、サイトを接続不可能にした。NHKは急遽七月八月の放送を中止し、九月から放送を再開した。再開後の番組も「チベット 聖地に富を求めて」など困難な取材を続けており、NHKは「真実の報道」と「言論の自由」を守りとおそうとしていると中村氏は褒める。しかも「激流中国」は日本のテレビ業界でも高い評価を受けているという。これは、私の印象とだいぶ違う。私はこのシリーズがヤラセではないかという印象を持った。NHKは検閲を受け中国政府の意にそうように番組を作っているようにしか思えなかった。
 そもそもこの番組がネット上でアクセス妨害されたのは、ウィキペディアによればある中国のブログが炎上したことに端を発しているらしい。そのブログを読んだ中国人の話では、高級マンションを現金で買った人物が「NHKに騙された、本当はローンで買ったのだ」と弁解したのがきっかけで、嘘だ、おまえはNHKからも金をもらっただろうなどとブログが大騒ぎになり、それが政府批判になるのをおそれて当局がアクセス禁止にしたらしい。ことの真偽はわからなが、現在ではウィキペディアからそのブログのことは削除されている。
 前後の事情からして、最初は、私が推測したようなヤラセも検閲もなかったのかもしれない。ただ、NHKが自主規制して、中国の広報宣伝の方針にそうような番組を作ったのだろう。中国は一国二制度の範囲内なら格差を報道することは容認するが、それが市場経済のゆがみをこえて、政権批判になることは許さない。そのぐらいのことはNHKも承知で、中国当局も日本のマスコミはいつも自分たちの思い通りだと安心している。
 「激流中国」も日本向けとしては許容範囲ぎりぎりだった。その意味でNHKは頑張ったといえる。しかし、それが「真実の報道」のためだというのは怪しい。たぶん、ネットで中国国内に流れるなんて計算違いだったのだ。その証拠に、北京当局に偏向報道だと抗議されると、NHKはあわてて「中国政府の立場を尊重する」と二ヶ月放送を中断する。
 もちろん、この期間、NHKは中国当局の指導を受けていたわけだ。この時点でNHKは報道機関としての資格をうしなったのだ。福田首相は靖国参拝拒否の理由として「人のいやがることはするもんじゃない。あなただってそうでしょう」といったが、NHKもどうやらそうらしい。
 そして中断後の最初の番組が2007年9月9日に放送された「民が官を訴える ~土地をめぐる攻防~」である。この番組の胡散臭さはブログに書いたとおりである。最大の「嘘」は土地を奪われた農民たちの暴動が各地で勃発し、死者も多数でているのに、そのことに触れずに市民たちの合法的(?)な裁判闘争を映していることだ。しかも、偶然撮影してあったという、指導者の逃亡生活の映像を使っているし、さらには特権的なカメラ位置から裁判所内の風景を撮すなど、とても「真実の報道」とは思えない。「冷静になろう、暴れるのやめよう」と仲間で話し合っているシーンは、どうみたって中国共産党の書いたシナリオどおりだろう。
 朝日の本田記者はなぜ騒がないのだろう。

「激流中国」(1)へ
2008.01.05[Sat] Post 23:49  CO:0  TB:0  NHK  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。