ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

《スーパージャポニズム》について : 黒田清輝と村上隆の《智・感・情》

「戦略としてのジャポニズム」を「スーパージャポニズム」と呼ぶ。

もともと「浮世絵」は海外向けの美術ではなかった。パリ万博に出展するために送った陶器の梱包材に使った浮世絵が、当時フランスで勃興期にあった印象派に影響を与えたのだという。ジャポニズムは浮世絵だけではなく、陶器織物工芸品などの日本趣味のことだ。

それに対して、最初から西欧に認めてもらうための戦術としての《ジャポニスム》が《スーパージャポニズム》であり、その始めての作品が黒田清輝の《智・感・情》だ。黒田は1900年のパリ万博に《湖畔》と《智・感・情》を出品して、《智・感・情》が銀賞を獲得した。ヌードはヨーロッパの水準に達し、エロティスムは抑えられている。百年前に美少女フィキュアの体型を先取りしているのは、黒田のジャポニズムにたいする鋭い感覚にちがいないが、それだけなら折衷主義で済まされる。しかし、さらに黒田は奇妙な仕草と表情をモデルに付け加えている。左右の二人の暗い表情はヌード画にはふさわしいとは思えないし、髪は美人画とは異なり、エロティックな生え際を見せていない。とくに《情》は洗い髪なのか、日本女性の黒髪の魅力はない。《湖畔》が湯上がりの「色香」があるだけに、なおさら、黒田の日本女性のヌード表現に対する並々ならぬ決意が感じられる。

この絵が「第4回内国勧業博覧会」に出品されたとき、画題やポーズが不可解だと批判されたけれど、同じようにフランス人にも違和感を与えるだろうことは黒田清輝が予想しなかったはずはない。これは推測だが、フランスの審査員は、その違和感をジャポニスムと受けとって、銀賞を授与したのではないか。黒田の「スーパージャポニズム」戦略の勝利だったのだ。

黒田の戦略が如何に大胆なものだったか、「黒田清輝へのオマージュ」だという村上隆の《智・感・情》を見れば分かる。一番暗鬱な印象を与えるのは、《智》と《情》の暗い顔と、幽霊のような《情》の髪で、そのためポーズが余計に不可解に見える。その印象を拭うために、目を大きくして、陰になっている顔を明るくし、髪に動きを与え、隠れていた乳首が見えるようにした。見事に美少女キャラに変身している。

しかし、黒田は「ドメスティック」な作家である。パリ万博の銀賞を勲章に日本でのキャリアをつむために、《湖畔》の外光派アカデミズムの道を歩むことになる。

スーパージャポニズムで最初にフランスで成功したのは藤田嗣治である。乳白色の肌、面相筆の墨の線、猫、子供、オカッパに丸いメガネなどはよく知られているけれど、彼の本当のスーパージャポニズムは《アッツ島玉砕》にある。戦争画だ、いや、反戦画だとかしましいが、あれは見た通りの「玉砕」の絵だ。藤田のスーパージャポニズムは戦略ではない。国立近代美術館の『藤田嗣治展』で上映された藤田嗣治監督の映画『風俗日本 子ども篇』〈姉と弟〉で描かれていた日本人の心のふるさと、大袈裟に言えばやまとごころが藤田のスーパージャポニズムであり、その意味では黒田清輝と藤田嗣治のスーパージャポニズムは、かたや「戦略」、かたや「心」、まったく正反対のものだといえる。藤田は日本人として《戦争画》を描き、フランス人として《宗教画》を描く。どちらもやまとごころのスーパージャポニズムだ。

現代のスーパージャポニズムはサブカルチャーを武器にする。原ジャポニスムの浮世絵もサブカルチャーだった。村上隆はスーパーフラットの旗の下、漫画アニメおたくぬりえを糾合して、世界の美術界に打って出た。完全に戦略的なものである。村上はおたくを搾取していると繰り返し非難されている。しかし、村上隆はおたくの凄さを褒め称えながら、独自の工房方式を開発し、人材を集め、地場産業と協力して、サブカルチャーを磨き上げて、ハイカルチャーに仕立てあげた。村上はコレクターが満足する高品質の作品を作ると言っているのだから、スーパーフラットはまだまだ進化するはずだ。スーパージャポニズムからシノワズリー、そしてオリエンタリズムに広がっていく。もはや、おたくもクール・ジャパンも村上の眼中にはない。勝負はこれからだ。

スーパージャポニズムについて書きながら、まてよ、ヒョットしたら田中功起もスーパージャポニズムの仲間ではないかというアイディアが頭をよぎった。田中功起は村上隆のように絵画や彫刻のような物質的な作品は作らない。小松崎拓男の言葉を借りれば、「ライト・コンセプチャル・アート」ということになる。この「ライト」なところが日本的な美的感覚にマッチしているのではないか。そういえば、近頃の美術評論家はしきりに「軽やかに」という言葉を使う。「軽やかな」ではなく「軽やかに」の副詞であるところがミソだ。
蔵屋美香はそこに着目して、田中功起をヴェネチア・ビエンナーレの相棒に選んだのだろう。それだけではない。協働の問題も世界が賞賛したフクシマでの日本人の行動に繋がるものだった。また最近では毎日日本国憲法を読むというプロジェクトを実行している。これも日本的な九条を含む日本国憲法を毎日読むことは、日常と社会政治の間に橋を架けたいという田中のプロジェクトの一部なのだ。研究するのではなく、議論するのでもなく、毎日、日本国憲法を読むことで、読書百遍意自ずから通ずの「ソフト・ジャポニズム」のカタチがあるのではないか。田中功起は一方では「個人的な行為」と言いながら、他方では反戦平和主義のメッセージも出しているようなので、さっそくリベラルたちが蝟集している。

作品をもたないコンセプチャリズムがジャポニズムであることに異論はない。玉砕だって性文化だって立派なジャポニスムだ。現代の情報化社会では、思想やコンセプトが商品になる。それだけ持て囃されれば市場も生まれる。絵画が市場で取引されるようになったのは、随分と後のことで、それ以前はパトロンが芸術家を保護した。現代でも作品を持たない美術家を保護するのはコレクターではなく、国家や企業というパトロンだ。

村上隆と田中功起の「タダ飯論争」の背後には、コレクターとパトロンの対立があったのだ。その対立は売買出来る「絵画彫刻」と出来ない「思想・コンセプト」の対立でもある。どちらにしても、両者ともに「絵画忘却」というポスト・モダンの病に侵されている。








スレッド:art・芸術・美術 / ジャンル:学問・文化・芸術

スポンサーサイト
2014.09.28[Sun] Post 02:01  CO:0  TB:0  スパジャポ  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。