ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

やっぱり『Chim ↑ Pom』かと、誰もが思ったに違いない。

岡本太郎の《明日の神話》のいたずらをしたのは、Chim↑Pomだと名乗りでたそうだ。なんだ、一番、平凡な結末だ。

このいたずらを聞いたとき、『美術手帖』の読者なら、ほとんどの人はChim↑Pomの名前を思い浮かべたに違いない。私も広島で原爆記念日に空に飛行機で「ピカッ」と描いた集団のことを思い出したけれど、まさか芸術家を自称する者が同じことを繰り返すとは思わなかった。

しかし、岡本太郎財団とChim↑Pomのコラボ説も捨てきれない。いたずら発見のときの平野館長のコメント。

 「みなさんはいたずらとおっしゃるけれど、スプレーを作品に吹き付けたり傷つけたりしたわけではない。『明日の神話』は後世に残すべき作品だと敬意を払ったやり方をしている。ゲリラ的な瞬間芸として、明らかにアートの文脈で行われた行為です。ただ、作品としては斬新さも感じないし、ほめるつもりもありませんが」

 平野さんは苦笑しつつ、岡本太郎が「行動の対象」になったのは理解しやすい、と語る。

 「やったのはおそらく若い人でしょうが、彼らがいま、日本の置かれた状況や不安感、そういうものをモチーフにして、表現をしたいと思うのは当然。それをぶつける舞台として太郎が選ばれた。未来を考えるときに参照されるアーティストだということでしょう」(産経ニュース5/18)


寛容なのはいいとして、『Chim↑Pom』の「ピカッ」への言及がないのは不自然ではないか。そして、犯人が名乗り出たあとの、産経ニュース(5/18)

 東京都渋谷区の渋谷駅構内にある画家、故岡本太郎氏の壁画「明日の神話」の一角に1日、原発事故を連想させるベニヤ板張りの絵が張られていた事件を巡り、アート集団「Chim↑Pom」(チンポム)が18日夜、都内のギャラリーで開いた個展の内覧会で、壁画に絵を取り付けている映像作品と原画を公開、メンバーが「作品として付け足した」と話した。警視庁渋谷書が軽犯罪法違反容疑などで捜査している。

 「Chim↑Pom」は6人組で、平成20年に広島の上空に飛行機で「ピカッ」という文字を描いて騒動になった。今回の絵は「LEVEL7 feat.『明日の神話』」と題され、岡本氏のタッチで壊れた4つの原発建屋が描かれている。メンバーの卯城竜太さん(33)は「(原発事故で)歴史は更新されてしまったので、ヒバクのクロニクル(年代記)に(福島を)付け足した。作品を岡本太郎記念館に寄贈したい」などと話した。


談合したというより、イベント芸術屋どうしの呼吸がピッタリと合ったということだろう。こういうイベントは無視するに限るのだが、「岡本芸術はイベント芸術である」という我が先見の明を自慢したくて敢えて取り上げた。

これからもいろいろな岡本芸術のイベントが企画されるだろう。

スポンサーサイト
2011.05.20[Fri] Post 20:46  CO:0  TB:0  ~岡本太郎  Top▲

また、岡本太郎のイベントか

asahi.comのニュースに「岡本太郎さん作の壁画にいたずらの絵 原発事故描写か」の記事を見て、「やっとはじまった」と思った。

というのは、福島原発事故で水素爆発があったとき、きっと岡本太郎財団(?)が利用するだろう、利用しない手はないと思っていたからだ。岡本太郎記念館の平野暁臣館長の「福島原発を描いたのだろう。繰り返されたら困るが、単なるいたずらではなく、芸術としてやろうとしたのではないか」というコメントを読んでなおさらその感を強くした。

面倒だろうが、私の『岡本太郎≪明日の神話≫特別公開(東京都現代美術館)の美術展評』を読んでほしい。

岡本芸術とはイヴェント芸術なのだ。もちろん平野暁臣館長が企画したわけではないだろうが、内部の協力がなければ、作品を傷つけずにコレだけみごとな据付と仕上がりは無理だろう。

真相は判らないが、『同心町日記』に似たような疑いが書かれていた。『同心町日記』は佐藤忠良やクレー、ゴッホなどの批評が的確で、趣味も似たところがあるので、ときどき覗いている。後半の部分を引用。

作品に直接的な危害が加えられている訳ではないので、これをユーモアとして受け入れるだけの許容が社会の側にあてもよいと思いますが、当事者たちが名乗り出て来て、「作品の収益を被災地に募金する」とか言い出す事態にだけはなって欲しくないです。被災地に送る義援金を集めるのは立派のことですが、被災者をダシにして、自らの行為を正当化しようとするのは、被災者をダシにして、増税を叫ぶ人たちと何ら変わりがありません。それは恐ろしく想像力の欠けた行為となるでしょう。


犯人が義援金を集めるなんて、あまりに岡本芸術にピッタリのイベントなので、思わず笑ってしまいました。











2011.05.14[Sat] Post 22:45  CO:0  TB:0  ~岡本太郎  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。