ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

村上隆監督の映画『めめめのくらげ』の〈跳んだり撥ねたり走ったり、そして着地〉

画家が監督した映画は大抵は失敗する。これまで私が見た映画で評価できるのはジュリアン・シュナーベルの『潜水服は蝶の夢を見る』ぐらいだろう。池田満寿夫や村上龍などの監督作品も気取りばかり目について(今にして思えば「キャンプ」だったのかもしれない)優れた作品とは言えない。

画家が映画に失敗する理由はいろいろあるだろうが、なかでも、絵画の空間と映画の空間の違いを理解していないことが大きい。絵画は「知覚に基づいた想像」の空間であり、映画(動画)は想像ではなく、錯視あるいは擬似知覚の空間なのだ。この違いを理解するには、絵画はいつもキャンバスの矩形のフレームが知覚されてそこにあるけれど、映画は上映されている時はスクリーンのフレイムに気づかないが、映写機が停止して静止画になると途端に矩形のスクリーンが現れる。

絵画の物理的表面は平面なので両眼視差が生じない。映画も同じようにスクリーンは平面なのだが、カメラや被写体が動いているので、両眼視差のかわりに時間視差(動体視差+カメラの移動による視差)が働く(立体視にはその他いろいろな視覚情報が協働しているけれど)。3D映画は人工的に両眼視差を作って無理矢理余計な三次元空間を押し付けるので観客は吐気を催す。

漫画やアニメの楽しみ方はすでに述べた()。漫画アニメは「跳んだり撥ねたり走ったり、そして着地が楽しいのだ」 これは、私の個人的な楽しみ方なのだが、日本の漫画本来の楽しみ方でもある。そういう意味では宮﨑駿のアニメが面白くないと言ったビートたけしの意見には賛成だ。一番、面白いのは、コマ割りの優れた日本の漫画(ワタリ、ドラゴンボール)、つぎは最近の特撮やCGにアシストされた映画(ジャッキー・チェン、スパイダーマン)、ダメなのが宮崎駿のアニメということになる。

村上隆の『めめめのくらげ』はアニメと実写のハイブリッドだ。アニメは跳んだり撥ねたり着地する。実写は走ったり歩いたりする。「跳んだり撥ねたり走ったり」を見れば『めめめのくらげ』がどの程度評価すべき映画か、およそのところ分かるだろう。

まずアニメだが、「ふれんど」の「跳んだり撥ねたり」はよくない。観客はキャラクターの動きと一体になれないのだ。確認のために『HERO』を見たが、同じようにCGの欠点がまる見えだ。ただ、くらげ坊の着地だけはピタリと決まっていて気持ちが良い。あと、最後の決戦のふれんどの動きはイワシの群れのようでちょっと白ける。

実写の方は、正志がくらげ坊をダンボール箱に入れて神社まで運ぶシーンは、映画における「歩く」ことの意味が分かっていない。カメラも正志の歩き方も全然何をするのかわからなくて、観客の感情移入が起きない。誰も居ないところに行って、二人が知り合って、心が通じ合うためとわかるのはだいぶ経ってからだ。映画のモンタージュや心理描写の基本が分かっていないような気がする。このシーンは一番の見せ所なんだけれど。そういえば正志と咲の間に恋心が芽生える流れも新興宗教やいじめが出てきて、シナリオとしては定形なのだろうが、どうもチグハグの感は免れない。

咲がスク水でプールに飛び込むところは、ぎこちないが、それがかえって初々しく成功している。胸も小さくて会田誠が喜びそうだ。登校途中の田圃道を上半身だけ見せて、右から左へ歩いて行くカットは気に入っているらしく数回出てくるけれど、退屈だ。それと、咲が橋の上を走り、正志が追いかけるシーンは、映画のクライマックスとも言えるのだが、どうもカメラと咲正志の二人の演技が、それともちろん編集も下手なため盛り上がりに欠ける。咲の走り方は悪くはないのだが、ちょっと大袈裟すぎるかもしれない。それからラストシーンで、るくそーに抱かれた正志と咲が顔を近づけたので、てっきり、キスをするぞ、さすが世界の村上やるじゃんと思ったら、途中でやめてしまった。メイキングを見たら村上はかなり細かく演技指導している。なんだろう、あのキスをためらう演技指導は。

村上はアニメを作ることが長年の夢だったという。だから、やりたいことはたくさんあったのだろう。それが分からないではないから、けっこう見ていて、楽しめた。二度借りたのだが、一度目は、最初の神社へ行くところで見るのを止めてしまった。ところが、小松崎拓男田中功起との論争などを知って、それなら、『めめめのくらげ』を最後まで見てみようと思ったのだ。

ニョウボの感想は、『芸術起業論』を読んだ頃は村上は嫌な奴だと思っていた。ヴェルサイユ宮殿の個展以来村上を見なおしていたけれど、この映画を見て、村上のぎこちなさは好感がもてるし、きっと評判とは違って「いい人」に違いないと思うようになったそうだ。村上は美術では職人たちの助けを借りているのだから、映画はなおさら協働が重要だ。映画は監督を含めてかっては職人集団の仕事だった。なかでもシナリオは「原案村上隆」とあるのだから、協力者がいたのだろうが、どうも絵画彫刻のようには協働が上手く行っていないようだ。

書き終わった後、「マイナビニュース」に村上隆のインタビュー記事《「日本はアートに対して無知」 - 映画『めめめのくらげ』》を見つけた。それを読むと、村上氏は随分といろいろなひとに相談したり協力を仰いでいる。『めめめのくらげ』には強い思い入れもあるようだが、私の批評は私の子供のときからの「漫画の見方」によるもので、決して「アートとしてのアニメ」の批評ではない。それにも拘わらず、私の「漫画の見方」は現在でも有効だと思っている。

わたしは『スパイダーマン』が好きだ。スパイダーマンがビルの窓にピタリと「着地」すると、ターザンがジャングルの蔓を伝わって、象の背中に着地するのを思い出す。

スレッド:art・芸術・美術 / ジャンル:学問・文化・芸術

スポンサーサイト
2014.10.29[Wed] Post 01:00  CO:0  TB:0  -村上隆  Top▲

『不思議と納得 辛口批評』(産経芸術欄11月28日) 山口晃さん「ヘンな日本美術史」出版

山口晃が『ヘンな日本美術史』を出版した。

山口晃はこれまでも「ヘンな」展覧会ならやっている。

ミズマの《Lagrange Point》展()で、絵を見るのではなく、体験させると言って、片目で見ることを求めていた。

VOCA展()で府中市美術館賞を受賞した《木のもゆる》は、抽象のような具象のような、ただ従来の山口晃の絵画のスタイルを壊すことだけが目的のような、だからと言って「絵画の終焉」を意味するわけでもないヘンな絵で、さらにヘンな賞を貰うという二重にヘンな作品だった。

『アートで候。』(上野の森美術館)()の山口晃の作品《山愚痴屋澱エンナーレ》はトリエンナーレのもじりで、国際展にたいする憧憬と嫌悪のアンビヴァレントな心持ちや、言説にたいする不信感を表しているというのだが、コンセプチャルもあるし、お笑いもあるし、図画工作もあるしで、無いのは芸術だけだというヘンな展示だった。

山口は銀座のメゾンエルメスの個展『望郷-TOKIORE(I)MIX』()でアートに挑戦している。展示された作品は立体イラストレーションであって、アートではない。それについて語る山口晃がアートなのだ。彼は芸術とは芸術について語ることだとポストモダンな覚悟をしたわけだ。

芸術について語ることが芸術ならば、語る芸術は自分の作品である必要はない。他人の作品を語ることで自分の芸術を語ることもできる。

そういうわけで語ったのが「ヘンな日本美術史」だ。「ヘンな美術史」というのは、語った作品が変だというのではなく、語った自分がヘンなのであり、ついでに自身の作品がオリジナリティーにあふれていると言いたいのだ。

しかし、語っている内容は凡庸である。《岩佐又兵衛の特徴は、何と言ってもその絵の暑苦しさ、クドさであり、人物が異様に「キャラ立ち」している事です》とか、「又兵衛は見たままを描くのではなく誇張された表現で真実を描いた。」とか、俗語やありきたりの修辞の羅列である。

こういうヘンな美術評論は日本美術史ではむしろ普通のことで、ポストモダンの美術評論の定形になっている。異端とか奇想とか言われるもので、少し前に辻惟雄の『奇想の系譜』が話題になったとき、伊藤若冲の《鳥獣花木図屏風》がデジタル絵画だと評判だったので、国立博物館までプライス・コレクションを見に行ってがっかりした経験がある。

それ以来、日本美術の異端とか奇想とか、それから今度は「ヘンな」もいっしょに、信じないことにしている。


2012.12.09[Sun] Post 22:34  CO:0  TB:0  -山口晃  Top▲

絵師山口晃はアーティストをめざす。

今の日本でスラスラと人物を描けるのは山口晃だけだと、会田誠が言っている。その力量のほどは都市鳥瞰図で誰もが良くしっている。その山口晃が銀座のメゾンエルメスの個展『望郷-TOKIORE(I)MIX』でアートに挑戦している。

産経の美術展評(篠原知存3/28)によれば、「リミックス(流用)やミックス(混合)」という文脈だそうだ。《忘れじの電柱》は懐かしい昭和の電信柱を屋内に展示したところが手柄である。電柱は木製ではなく、写真でははっきりと分からないが、SF風に仕立てて「未来に過去が書き換えられる」と言っている。作者が自分の作品の能書きをいうのもどうかと思うけれど、近頃では作者の言葉も作品の一部だ。

《電柱》の芸術評価はともかく、ここで私が言いたいのは山口晃の戦略のことだ。山口晃は、たしか上野の森美術館で開催された会田誠との二人展でイラストレーターで何処が悪いというようなことを言っていた。他方で、山口晃はミズマの《Lagrange Point》展やVOCA展で府中市美術館賞を受賞した《木のもゆる》など、大和絵風の都市鳥瞰図とは違った絵画に挑戦し、さらに二人展の《山愚痴屋澱エンナーレ》では、「記号と絵画」の問題を探求した。

東京新聞と産経新聞を交代に購読していた時期があって、偶然、東京新聞の『親鸞』の挿絵と産経新聞の『竜馬を慕う』のイラストを見ていた。日本画の線とは違って、とても、山口晃が描いたとは思えない挿絵だった。率直に言えば、何の魅力もない「ヘタクソ」な挿絵なのだが、たぶん《木のもゆる》と同じように、自分のスタイルを壊して芸術的な作品をめざしたのだろう。

ここまでは、ともかく絵画の範疇に入る作品であった。ところが今回の《忘れじの電柱》は絵画ではなく、オブジェである。「過去が未来に書き換えられる」というが、そんな大げさなものではなく、山口晃がデザインしたSF風新作電柱と言うところで、いわば、立体イラストなのだ。そういう意味では、レディ・メイドでもファウンド・オブジェでもなく、実物大の模型であり、オートバイに跨がった武者絵と同じように図解なのである。

山口晃は依然としてイラストレーターである。





『山口晃』についてのブログ記事はここ
2012.04.03[Tue] Post 02:14  CO:0  TB:1  -山口晃  Top▲

村上隆と橋下徹

村上隆が橋下徹にTweet。

t_ishin村上さん、心強いです!!!橋下 RT @takashipom: 橋下徹氏の校長の徹底擁護。わかる。


これは戦略的にどうなんだろう。カタールのニコ論壇SP 村上隆個展「Murakami - Ego」での東浩紀とのエール交換よりもましだけれども、業界の人たちは橋下徹の文化行政をこぞって批判しているのではないか。もっとも、村上隆は美大や美術館や電通のクールジャパンを批判しているのだから、橋下徹とは通じるところがあるのだろう。それにしても、坂本龍一のような似非アーティストアンガジェした文化人がいるなかで、敢えて橋下徹にエールをおくった村上隆に拍手!


(18日20時)誤解があるといけないので、一部修正しました。
2012.03.17[Sat] Post 16:08  CO:0  TB:1  -村上隆  Top▲

村上隆個展『Murakami - Ego』(ニコ論壇SP)

もちろん、カタールまでいったわけではない。【ニコ論壇SP「闘争せよ!カタ​ールから『日本・文化・未来』​を考える」村上隆×東浩紀×岩​渕貞哉】を見た。

いつだったか村上さんがナルミヤのキャラクター「マウスくん」を「DOB君」の盗用だとを訴えた事件で、東さんはDOB君はミッキーマウスの「パクリ」じゃないかと批判していた。村上氏はDOBくんは何度も修正しながら創り上げたオリジナル作品だと、おたく達の批判に反論していたように記憶している。それはともかく、二人はそのことには触れずに、お互いエールを交換して座談が始まった。ちょっと、白けるけれど、それはいいとして、東さんは「3・11」を踏まえて、ベルサイユ宮殿の時に展示したDOB君や花を捨てた今回の『五百羅漢』はメッセージ性があって、村上隆の新境地だと賞賛する。他方、村上隆は「おたくは終わった」とか「クールジャパンは電通が企画した公的資金の受け皿だ。外国では誰も知らない」と批判する。

二人の会話は噛み合っていないような気がするけれど、ともかくビデオ映像で見た《五百羅漢》の感想を言えば、ヴェルサイユ宮殿の展覧会は、バロック・ロココのキッチュな装飾性にスーパーフラットが奇妙な調和を見せて成功していたのに比べて、新境地と言われる《五百羅漢》は、デフォルメと誇張と曲がりくねった線など、ちょと弛緩したマニエリスムの感じをうける。日本人には支那風に見えるけれど、欧米人がどう受け取るかは判らない。漫画なんか少数のマニアしか知らないと村上氏がいうのがほんとうなら、これもジャポニスムとして受け入れられるのかもしれない。「クールジャパン」なんて言ってうろちょろされると商売の邪魔なのだろう、そういえば、「わたしはクールジャパンのチアリーダー」と言っていた美術評論家がいましたね。

《五百羅漢》で思い出すのは、岡本太郎の《明日の神話》だが、これは、外国のホテルの壁画として製作されたけれど、望みを果たせず、日本に持ち帰って、壮大なイベントをした。それに比べ、村上の《五百羅漢》は日本で製作され、外国で展示される。村上によれば、日本で公開される予定は無いという。ちなみ、東浩紀のTwitterによると、カタール日本大使はなんの協力もしてくれなかったそうだ。こんなことを聞くと、村上隆の成功を祈らずにはいられない。





2012.02.09[Thu] Post 23:45  CO:0  TB:0  -村上隆  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。