ART TOUCH 絵画と映画と小説と

もとは美術展評のブログ 絵画と映画と小説と、そして哲学を少々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

永江朗の不思議

永江朗氏が思想も節操もないことは大竹伸朗との対談で判っている。しかし、わからないのは、週刊朝日の書評で高橋氏の窃盗事件と小泉改革を結びつけると言いながら、格差問題を持ち出さなかったことだ。朝日は格差を生んだのは小泉改革だと言っていた。それなら、泥棒は富の再配分だから、格差是正に有効だろうに。

『山形浩生が永江朗を批判している』へ
スポンサーサイト
2009.05.08[Fri] Post 13:06  CO:0  TB:0  名称未設  Top▲

神田日勝とダイアン・アーバス(改題)

コメント欄の禁止IPに「JP」の文字が紛れ込んでいました。管理人の私もコメントが書き込めないので気づきました。コメントを下さった方にはお詫び申し上げます。タイからのコメントに返信しようとしてわかりました。理由が解るのに一時間も掛かってしまいました。もう大丈夫です。

タイからコメント下さったぐりぐりももんがさんへの返信をこちらにコピペしておきます。

ぐりぐりももんがさん コメントありがとうございます。 神田日勝は知りませんでした。ネットで検索すると、ポップ風の作品はちょっと中村宏を思い出させます。逆遠近法や平面的な空間のとらえ方は面白いとおもいますが、実際に見ないと作品の善し悪しはわかりません。気になるのは、例えば神田日勝美術館のHPにある『家』(1960年)は、「古びて崩れかかった家」の「デザイン」になっているようなところがあります。剥がれた板、割れた窓、傾いた壁、転がった一斗缶やブリキ類などが芝居の書き割りのように見えます。でも、構図というのは線や色やタッチの形式的なものとの関係で生きもするし、死にもするのだから、写真だけでうかつなことは言えません。 神田日勝の名前は憶えておきます。機会があれば本物をみたいと思います。

すべての写真は記念写真です。特権的な瞬間を記録に残しておきます。だから、わたしの好きな写真家は、ジャック=アンリ・ラルティーグとダイアン・アーバスです。ラルティーグは快楽の、アーバスは苦悩の記念写真を撮ったのではないでしょうか。

カンサンジュンさんは一度『朝生』で見て、その無内容なところが丸山真男そっくりなので、それいらい避けています。でも、少し前に『悩む力』の新聞広告で吉永小百合の推薦の言葉を読んでしまったし、先週の日曜日にはチャンネルサーフィンをしていて、偶然『新日曜美術館』でカンさんを見てしまいました。ふだんはいやなものを見たときは高橋名人なみのスピードでチャンネルを変えるのだけれど、このときばかりは呆然と為す術もなく数秒にわたってカンさんの口元を見つめてしまいました。 というわけで、カンさんのことはあまりよく知らないのでコメントできません。図書館にはカンさんの本がたくさんあるけれど、たぶん暇があっても読まないでしょう。わたしは丸山真男を思い出させるものはすべて嫌いです。これについてはいずれ書きたいとおもっています。

2009.04.21[Tue] Post 12:26  CO:0  TB:0  名称未設  Top▲

文部科学省が漢字検定協会に抜本的改善を要求

文部科学賞はいろいろな改善を漢字検定協会に要求したらしいが、、もちろん文科省の最終的な目的は天下りの確保だ。産経ニュースに以下の記事。

文科省によると、平成19年度に約2億9000万円で広報業務などを委託した「メディアボックス」には担当社員が2人だけで、調査研究を約600万円で委託した「文章工学研究所」は社員が1人だけ。どちらも検査結果で、委託の必要性が不明瞭(ふめいりょう)と判断された。

でも、これって、天下り法人のまねをしてるだけじゃないか。役人はよくも自分のことは棚に上げて、こんなことをいえるなぁー。

漢検さん、文科組が「俺のしまを荒らすな」と言ってます。やっぱりみかじめ料は払わなくてはいけません。
2009.03.11[Wed] Post 18:07  CO:0  TB:0  名称未設  Top▲

細野豪志vs麻生太郎

お昼に何か食べようとだいどこで、テレビをつけたら、国会中継で細野豪志が天下りについてフリップを使って質問していた。近頃、委員会ではフリップが流行だが、管直人みたいにお笑いになってしまうのは困ったものだ。しかし、細野のフリップは、天下り先の給料、補助金、ため込んだ埋蔵金、そしてその資金の運用先まで調べてある。もちろん議員の調査権(?)を活用しているのだろうが、こんなこととっくにマスコミが調べておくべきだろう。

細野の質問は事実に基づいた冷静なものだ。特にいわゆる埋蔵金の額とその運用先を聞くと呆然としてしまう。公益法人が官僚の横領を合法化するシステムだということがはっきりと解る。麻生首相のいつもの笑いは引きつっているようだったし、役人の答弁にいきり立つこともなく、ほとんど聞き流していたのも、なかなか風格がでてきたようだ。

民主党の質問者(前原にはがっかりだ)がちかごろ社会党化しているなかで、細野豪志は希望がもてる。ただし、旧社会党系とどこまで距離をとれるかかだろう。長妻も年金問題で活躍したが、結局は自治労の不正をごまかそうという態度が見え見えで、政治家として信用ができなくなった。細野豪志にはそうならないように願いたい。以前、失敗したことがあるのだから。女ではない、メールのことだ。

わたしの住所は静岡五区で細野の選挙区だ。ちょっと細野に傾いている。
2009.02.26[Thu] Post 12:36  CO:0  TB:0  名称未設  Top▲

産経新聞特別記者千野境子人事院人事官候補に民主不同意

産経が社説で堂々と、自社の記者千野境子を人事院に押し込もうとしている。人事案件を「民主党は政争の具にするな」といい、挙げ句の果てに、

 首相指名は衆院議決が優先される。首相が判断した人事案が、参院の反対で認められないというのは制度の欠陥といえよう。
 参院がいたずらに不同意を繰り返せば参院無用論に発展するのは避けられない。

と、恐喝までしている。でも、この文章はちょっと変だ。参院は衆院に同意しないこともあるから有用なのであって、いつも同意しているなら参院は無用になる。産経は自分たちの利権を拒否されたから無用(有害)と言っているだけだ。

前半部もおかしいというより支離滅裂である。首相指名は衆院議決が優先されるのは確かにそうだ。しかし、その首相(内閣)が提出した議案が、衆院で否決されることもありうる。だから、これは首相が判断した人事案ではなく、衆院が判断した人事案だ。そして、衆院と異なる判断をするのは参院の勝手だ。

産経は、民主党が衆院で賛成した人事案を参院で反対したことをもって、民主党は人事案件を政争の具にしているという。たしかにそうだ。しかし、議会制民主主義はどうしても政争という不能率が伴うものだ。政争と議論を尽くしての多数決を区別することは難しい。

なぜ、いま人事院の人事案件が政争の具になっているかといえば、官僚の天下りではなく、マスコミと政官業学の癒着構造が明るみになってきたからだ。マスコミが民主党を応援している現状で、本気でマスコミの利権を批判するなら、民主党も捨てたものではない。(といっても労組の利権に手をつけないかぎり票を投じることはない)

産経は腐敗している。もし、まっとうなジャーナリストなら、上杉隆氏がおそらくいうように(w)、政府の委員になんかならないし、谷公士総裁のいうように(w)、人事院が中立性を保つためにジャーナリストが必要だというなら、屁理屈をいわないで、どうどうと社説でそのむね主張すればいいではないか。

岸博幸氏といい産経新聞といい、腐敗はどこまでもつづく。なんだか、「新聞なき政府」のほうがいいような気がしてきた。
2009.02.25[Wed] Post 13:32  CO:0  TB:0  名称未設  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。